ホーム  > 狭心症

狭心症



狭心症


狭心症

動脈硬化によって心筋に必要な血液量に比べて血液供給量が少ないとき示され、主症状は胸の痛みです。こうした狭心症が続く動脈硬化病巣が血管内部から裂けてそこに血栓が発生して血管が詰まって、心臓発作・心筋梗塞が発生します。

狭心症と心筋梗塞症を含む冠状動脈疾患は、肉類の摂取が増加して生活の機械化による運動不足やストレスが増加し、最近10年ほどの間に、患者の発生率が5倍以上急増しています。 特に40〜50代の過労死または突然死の原因は、ほとんどが狭心症疾患です。

狭心症の症状

狭心症とは

狭心症の症状な胸の痛み・胸痛は、突然胸が圧迫されるような痛、胸を押し付けるような感じ、息がつまるような感じ、ひどければ、冷汗を流したりする感じ、突然の胃が膨らむことで感じられる胃の痛みを与えることになります。また、両腕や左肩さらには首、背中、顎、明治の方にも痛みが発生します。これは肉体的運動例えば階段などを上がる時や急に運動をする時、または精神的な過労やストレス、怒りなどによって誘発され、普通1分から10分程度持続されるが、していた動作を止めて楽な動作でじっとして安定すれば、大丈夫です。 痛みを感じるほどと病気の軽重によって異なるが、痛みの持続時間が長くなり、20分以上持続されれば、「不安定型狭心症」または「急性心筋梗塞症」を疑って、すぐ応急治療がなければなりません。また、病気の発生の過程や結果は似ているが、痛みがない無痛性狭心症もあるので普段から定期検診を通じて、病気の有無を確認することがいいです。

しかし、すべての胸の痛みが狭心症ではありません。特に女性の場合は精神的に緊張したり、ストレスを受けた後の心臓神経症である可能性があり、その他にも気胸(胸膜と肺の間に空気が溜まってしまう病気)、食道潰瘍、食道炎、筋疾患、帯状疱疹、大動脈瘤などが鑑別診断の対象になります。

治療方法

冠状動脈疾患が急増することによって治療法も発展しています。24時間治療薬で治療からバルーン拡張術(バルーンカクチョウジュツ)、ステント治療・冠動脈ステント、レーザーで血管を広げる治療方法と外科的手術で他の血管移植する冠動脈大動脈バイパス移植術が使用されています。

最近は冠状動脈の狭窄部位がとても手広くたり、血管の直径が小さく、冠状動脈に迂回の血管を連結する手術が不可能で、治療薬にも効果が現れない場合にレーザーで心臓の外から心筋内に貫通する1mm程度の微細なチャンネルをつくって心臓内の新鮮な血液を直接心筋に供給させる 経心筋レーザー血行再建 (Laser Transmyocardial Revascularization) が施行されます。

予防

狭心症予防とは

診断と治療方法が発達したとしても狭心症の管理は普段の予防が大切です。タバコを止め、糖尿病をチェックし、血圧が高い場合は運動療法や食餌療法をやってみて、だめだったら、治療薬で血圧が正常に保たれるようにしなければならです。

ジョギング、水泳、登山など自分の体力に合う運動を毎日30分ずつして血中のコレステロールを上げている食品である肉類、三枚肉、ベーコン、ソーセージ、ハムなどの加工食品と卵黄、魚の卵、貝類などは避けておやつやデザートで食べるチョコレート、アイスクリーム、ケーキなども控えなければなりません。また、肥満の場合は体重を減らしてお酒の飲みすぎ、過度なコーヒーは注意しなければならないし、いつも心の安定を努力しなければなりません。