ホーム  > ED・勃起不全

ED・勃起不全


ED・勃起不全の原因には心因性的な要因・器質性な要因・薬剤の服用が要因があります。ED治療薬で勃起不全は改善可能です。


ED(勃起不全)


ED(勃起不全)とは?

ED(勃起不全)とは

勃起不全とは、男性の性機能障害のひとつを指していう言葉、Erectile Dysfunctionの略で、陰茎が勃起しないとか、性行為を満足に行えるに足りる硬さにならないなどの陰茎の機能障害の事を言います。過去においては、ED(勃起不全)の症状を持つ男性のほとんどは、治療を受ける機会のないままであったと言われています。病気の箇所が箇所である事もあり、また、男性としてのプライドにも時にかかわってくる事でもあったりして、なかなか治療に踏み切れなかった現実があったからです。

勃起不全の原因

勃起不全の原因は主に3つのタイプに分類されています。

  1. 心理的な要因によるもの(心因性のぼっきふぜん)
  2. 神経系や血管系の障害が要因となるもの
    • 高齢によるいんぽてんつ
    • 一部の疾病に伴う勃起障害
    • 下半身周辺の外傷、手術、また神経系統の問題からのぼっきふぜん
  3. 特定の薬剤の服用が要因となるものです。

すべての勃起不全患者はこの3つのタイプのいずれかに必ず当てはまります。

EDの原因(心因性的な要因)

EDの原因

心理的な要因となるものに、日常のストレスや不安さらには幼少期の体験や性的なトラウマなどがあります。例えば、パートナーの女性から「ダメな男ね」とか「この役立たず」とか言われ続けると、それがストレスになり性交の際に立たないということが起こるようです。

EDの原因(神経系や血管系の障害と加齢が要因)

次に挙げられるEDの原因に神経系や血管系の障害というものがあります。神経系の場合は、脳内が興奮して勃起命令を出すものの、その信号が正常に神経系を通ってペニスに伝わらないという状態になります。また神経系に問題がなくても血管に問題がある場合にもEDの症状が現れます。ペニスが勃起するのは海綿体に大量の血液が流れ込むからですが、そのためにはそこの血管が広がらなければならないわけです。その時に、動脈効果などの症状が出ていると血管が硬くなり勃起状態になるまでに血液が海綿体に流れ込むことができずにEDの状態になります。

EDの原因(特定の薬剤の服用が要因)

EDの原因となる最後のものに、特定の薬剤の服用があります。代表的なものには抗うつ剤や降圧剤などがあります。EDの原因となる薬剤は、インターネットで検索するとすぐに出てきますので、EDの原因を探している方で薬を服用している場合は、まず薬に原因がないかどうかチェックしてみるのも良いでしょう。

ED治療薬の作用機序

ED治療薬の作用機序

ED治療薬は、どの様にして勃起不全を治療するのでしょうか? ED治療薬の有効成分は、PDE5阻害薬に分類される成分です。PDE5はホスホジエステラーゼ5の事。血管平滑筋の中などに多く存在している酵素で、血管拡張作用や神経の伝達などに関与するある物質を分解してしまうと言われています。ED治療薬を服用すると、この酵素の働きが抑えられる為、体内で一時的に血管拡張作用に関与する物質が増加し、陰茎周辺の平滑筋が弛緩し血管が拡張、陰茎への血流増加が可能になるのです。 ED治療薬には3種類があって、その医薬品名は 「バイアグラ・レビトラシアリス」です。どれもその成分の分類は PDE-5阻害薬となります。勃起不全症の治療薬を使えば、勃起が上の原理で成り立ちます。

性欲増強剤や精力剤との比較

ED治療薬の効果はED剤を呑んだ後30分から1時間で効果を現し、数時間で効果がなくなります。つまり、これらの薬は、性行為の前に服用する事前服用タイプ、必要な時に呑む薬というわけです。それから、ここで大切な事は、これらの薬は性欲増強剤、精力剤ではないという事、つまりムラムラと性欲を起こす薬ではないという事です。性欲が起こらなければ勃起は起こりませんから、呑んだ薬の効果も発揮されないことになります。この様に、薬を呑めば自動的に勃起するのではないことも理解しておきましょう。

EDの予防方法

EDの予防方法

EDの治療法としては、ED治療薬を服用することで短期的には改善することができます。とはいえ原因が分かっている場合には、原因に応じた対処法を考えることは大切です。例えば、原因の1番目にあげた心理的な要因ですが、これも日々のライフスタイルを見直すことで少しずつ改善していくことも可能です。日常のストレスは、趣味を持つなどしてうまく発散させるようにしましょう。また普段からよく会話をするなどしてパートナーとの関係を良いものにしることも大切です。

2つ目の要因となっている神経系や血管系の障害や、また薬剤の服用に関しては個人としてどうすることもできないことと思うかもしれませんが、実のところ対処することは可能です。それは、簡単に言うと生活習慣を改めるということです。適度な睡眠を取ること、適度な運動をすること、油っこい食事を控えること、酒やタバコの過剰な摂取は控えることなどです。もちろん一朝一夕でできることではありませんが、悪い生活習慣を改めると神経系や血管系の障害を改善することができ、悪影響を及ぼしていた薬から解放される可能性も出てきます。それで、まず自分のEDの原因はどこにあるのかはっきりさせましょう。そして原因が分かったら、どうしたら改善できるか考えてそれを実行してみましょう。そうすることでいんぽてんつ治療品に頼らず、再び自然な勃起を経験することができるようになるかもしれません。また、そうすることで体だけでなく心も通じ合うような性交渉を行うことができるでしょう。