ホーム  > FDAで承認された性的不能治療薬・女性用バイアグラフリバンセリンの副作用とは?

FDAで承認された性的不能治療薬・女性用バイアグラフリバンセリンの副作用とは?


性的不能治療薬・女性用バイアグラの副作用とは?アメリカ食品医薬品局(FDA)が性的不能治療薬として女性用バイアグラを承認したというニュースが日本でも大きな話題となり、オルガズム障害や性的関心・興奮障害、性器・骨盤痛挿入障害を抱えている女性や、そのパートナーの男性の関心を引いています。ただ、この性的不能治療薬である女性用バイアグラ「フリバンセリン」はFDAの審査で副作用のリスクの方が高いという理由で2度承認が却下されている経緯があり、服用に不安を感じる方も少なくありません。それで、ここではFDAの承認を始めて受けた性的不能治療薬である女性用バイアグラの副作用について徹底的に検証していきたいと思います。

現在、この女性用バイアグラの製造と販売権利を持つのはアメリカの製薬会社スプラウト・ファーマシューテカルズ社ですが、もともとフリバンセリンを開発したのはドイツの製薬会社であるベーリンガーインゲルハイム社です。ただ、2010年にFDAに承認申請をしたものの、「薬によるメリットが危険性を上回らない」として承認が却下されたため、2011年に売却しています。売却先のスプラウト・ファーマシューテカルズ社はフリバンセリンの性機能低下障害に対する効果の研究を重ね、2013年に再びFDAに承認申請をしました。しかし、性的欲求低下障害の緩和よりもめまいや吐き気といった副作用のリスクが高いという理由で性的不能治療薬としての女性用バイアグラは2度目の申請も却下されています。


米FDAで承認された性的不能治療薬・バイアグラ女性用の副作用は?


FDAの審査に副作用のリスクが高いという理由で承認が2度も却下されていることを考えると不安に感じる方も多いかもしれませんが、今年2015年に行なわれた審査で承認されているということを考えると、性的不能治療薬としての女性用バイアグラの副作用は過去2回のものと比較して軽減されていると考えることができます。

性的不能治療薬としての女性用バイアグラの主な副作用としては眠気、めまいや吐き気といったものがあります。また、アルコールやホルモン避妊薬との併用で副作用が強くなることも懸念されています。ただ、こうした副作用があるとはいえFDAが女性用バイアグラの「フリバンセリン」を承認したことは、女性の性向上に役立つ性的不能治療薬であるということを認めたからに他なりません。

* 女性用ばいあぐらと性生活

日本でも個人輸入代理店を通じてフリバンセリンを購入することが可能になりますが、性的不能治療薬である女性用バイアグラの副作用が心配な方は、すぐに使ってみるのではなく少し様子を見てみることをお勧めします。アメリカやヨーロッパ、日本で効果や副作用について更に多くの情報が出てくると思われますので、そこでの口コミや評判などを参考にしながら試してみるかどうか決めるのもよいでしょう。

今後、個人輸入代理店を通じて女性用バイアグラ「フリバンセリン」を購入する予定にしている方は、アメリカ販売製品を販売しているネットショップで購入するようにしましょう。アメリカ以外の国から発送されるものは、偽物を混ぜられる可能性もありますので、アメリカ国内で販売されているものを直接輸入するのが一番安心できます。

当店のアメリカ販売のフリバンセリンは申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

現在当店では別のタイプの性的不能治療薬女性用のバイアグラ「レディース」を販売しております。「レディース」の主成分シルデナフィルには、血流の増加を助ける一酸化窒素の生成を促す働きがあり、これが女性のクリトリス周辺の血流増加を助けるため、女性の局所の機能が潤滑になり、愛液の分泌が増し、性欲を感じるよう働きます。詳細は上端の詳細を見るをクリックしてください。