ホーム  > バイアグラジェネリック  > バイアグラとジェネリックは効き目に差がある?

バイアグラとジェネリックは効き目に差がある?


ed-baiagura_image

正規のバイアグラと後発品のジェネリックでは効き目に少なからず差が埋めれることはあるのでしょうか?結論から言えば、バイアグラに限らず全ての医薬品において正規品とジェネリックに差はありません。ジェネリックは新薬の特許が満了した後に同じ成分構造で製造するため、効果や効能は同じ効き目があります。バイアグラの場合、1999年に認可・販売開始されてから、2013年5月に物質特許が満了2014年5月に用途特許も満了になったため他の製薬会社からの製造・販売が可能になっています。

ジェネリックを製造・販売しているどこの製薬会社も、バイアグラの有効成分であるシナデナフィルを用いているためバイアグラジェネリックは一般的にシナデナフィル錠という呼び方になっています。バイアグラ以外にもれびとらやしありすといったed治療薬がありますが、この2つはまだ特許が満了していませんので、正式にはれびとらジェネリックやしありすジェネリックというものは存在していません。


どこのジェネリックでも安心して服用できる?


バイアグラのジェネリックはCipla Doc社シナデナフィルが特に有名ですが、それ以外にもインド製のカマグラ、ペネグラ、カベルタなどがあります。これからもさまざまな製薬会社からバイアグラと効き目が同じジェネリックが製造・販売されていくと考えられています。では、多くあるジェネリック医薬品の中から配合されている有効成分が同じだからといって、どこの製薬会社のものを選んでも問題ないのでしょうか?実は安いという理由だけでジェネリックを選ぶのは危険です。選ぶ際にはどのような環境で製造され流通してきたかが品質に大きく影響するからです。有効成分が同じであっても製造環境が劣悪であれば、そのジェネリックは使用しないほうが良いと言えます。インドには数多くのバイアグラジェネリックが製造・販売されていますが、一部の品物を除き大部分は品質に問題があるとされています。ですから、安心して服用できるジェネリックは自分で判断して選ばなければなりません。


本当に効き目があって安心できるジェネリックの選び方


本当に効き目があって安心できるED薬バイアグラのジェネリックの選び方。ジェネリックは正規のed治療薬と同じ有効成分を使用しているために効き目は同じものを期待することができますが、安心して服用できるかはまた別の話になります。同じ有効成分を使っているとしても、製造環境や流通環境が悪いと安心して服用することはできないでしょう。では、どのようにしたら安心でき同じ効き目を得ることができるバイアグラのジェネリックを手に入れることができるのでしょうか?

私たちはバイアグラのジェネリックを製造環境や流通経路を全て把握することも不可能です。それで、私たちができるのは信頼できる商品を取り扱っているところから取り寄せるということが効果的な対処法になります。オススメの方法は、アメリカ発送の個人輸入代行店を利用するというものです。なぜかというと、アメリカに入ってくることのできるed治療薬、ジェネリック医薬品は製造環境・流通環境ともに問題がないと証明されたものしか輸入されないからです。ですから、アメリカ発送の個人輸入代行店で購入すると安心できます。