ホーム  > バイアグラジェネリック  > バイアグラジェネリック(後発品)を購入する際の注意点は?

バイアグラの後発薬を購入する際の注意点は?


baiagura-ed.png

1999年に発売され多くの人に愛されているバイアグラですが、2013年5月に物質特許が2014年5月には用途特許も満了したため正式にジェネリック医薬品の販売・製造が可能になりました。とはいえ、バイアグラジェネリックはファイザー社が保有する特許が満了する前からもインド製品が販売されており日本国内でも購入可能でした(これはインドが国内法で医薬品の製造や販売に関して国際的な特許のルールを遵守していないからです)。しかし、特許が満了したことによって欧米などの製薬会社から次々とバイアグラジェネリックの製造や販売を予定しており、第2のバイアグラブームがまた起こるような予感があります。では、バイアグラジェネリックはどのような点に注意して購入すると良いのでしょうか?まず大事な点は、どこで製造されたバイアグラジェネリックを購入するかという点です。インドではすでに数年前からカマグラ(kamagra)やペネグラといったバイアグラジェネリックが販売されていましたが、品質は常々問題視されていました。製造環境や流通環境が十分に整備されていないため、バイアグラジェネリックを含む多くの製品の品質が粗悪であるので購入先としてはお勧めできません。こうしたインド製品に比べてジェネリックバイアグラの購入先としてお勧めできるのが、フランス製の製品です。フランスのマイラン製薬はファイザー社と業務提携をしているため、バイアグラジェネリックの購入先としては安心感は群を抜いています。


ジェネリックバイアグラの購入は発送元も重要?


信頼できるバイアグラ後発品の購入をするためには、欧米の製薬会社から販売されているものを選ぶことが大切ですが、発送元を確認しておくということも見落とさないようにしたいものです。これが大切なのは、バイアグラジェネリックは医薬品として販売される時には、どこの国のどこの製薬会社が販売するとしてもシルデナフィルというバイアグラの有効成分で呼ばれることになるからです。医薬品の名前からだけではどこの製薬会社が製造したジェネリックかが分かりづらいという状態ですから、発送元がどこかを確認しておくのは大切になります。発送元がアメリカであれば、アメリカで製造・販売されているバイアグラジェネリックを購入することができるということですし、フランスが発送元であればフランスのモノが購入できるということになります。ですから、発送元が欧米にある個人輸入代行店に依頼してバイアグラジェネリックを購入するという方法は安心感があります。気をつけたいのは発送元がインドや中国、タイなどのモノです。こうした国から発送される製品は欧米から発送される製品に比べると安いことが多いですが、品質に問題があることが多いと言われています。特に中国などで製造されている製品はほとんどが粗悪な品質であるため効果を期待することもできませんし、最悪の場合は健康被害を受けてしまう可能性すらあります。それで、発送元は注意深くチェックして安心して服用できるバイアグラ後発薬を購入してください。