ホーム  > EDについて  > ED治療とは  > EDを1錠の薬が治療について

EDを1錠の薬が治療について

EDとは


ed治療薬とは

edとは、男性の性機能障害のひとつを指していう言葉、Erectile Dysfunctionの略で、陰茎が勃起しないとか、性行為を満足に行えるに足りる硬さにならないなどの陰茎の機能障害の事を言います。過去においては、edの症状を持つ男性のほとんどは、治療を受ける機会のないままであったと言われています。病気の箇所が箇所である事もあり、また、男性としてのプライドにも時にかかわってくる事でもあったりして、なかなか治療に踏み切れなかった現実があったからです。

*服用タイプのed治療薬ばいあぐらの登場後、夫婦関係はどの様に変化しているかについて書いたed治療薬の比較についてというコラムを紹介します。


ed治療薬(シアリス、バイアグラ、れびとら)の登場


三大ed薬(バイアグラ、シアリス、レビトラ)が登場してから、edの治療に取り組むようになった方が多い事は、調べなくても簡単に想像がつきます。何故なら、過去におけるed罹患者が治療を受けた方の割合は、専門家の診察を受け手術や通院が必要だった治療法方などの為に、ed治療を始めるよりはあきらめる方のほうがはるかに多かったと言います。全体の2割程度の方が治療を受けたに過ぎなかったのだと。今では服用薬の登場で治療が簡単になり、しかも、すぐにはっきりした効果を実感できるわけです。薬を呑んで治るならと勇気を出す方が当然増えているわけです。

三大ed治療薬(シアリス、バイアグラ、れびとら)の成分比較


ed治療薬1錠での改善


edを治療する薬のすごいところは、1錠の錠剤を呑めば良いという、まるで狐に摘まれたような方法でedの症状を改善するという事なのだと思います。これほど世間の話題になった理由には、その効果の高さももちろんですが、過去のedについての治療からは、ちょっと思いもよらない方法だからなのだと思うのです。

ed治療薬を使ってみて…

ed薬専門の口コミが掲載されているサイトの体験談などを見てみると、これらの服用薬がedを治療する成果の高さが伺えます。実際に、糖尿病があって、ここ数年来性行為を持つ事もできなかったという人でも、ed薬で症状が改善し、今では週に2回は使っているという人や、70歳が近いお爺さんと言える年代の男性でも、edの薬で治療をしておられます。アメリカのedの外来治療を専門とする医師の話では、男性の45歳がedの兆しが見え始める平均年齢だと言っています。この歳になると、最近若い頃のように行かなくなったなと感じる様になるらしいですね。45歳といえばまだまだ働き盛り、edの兆しなど感じ様ものなら、きっと慌ててしまうはずです。そこに、1錠でedを治す薬があるなら、飛びつかないはずがないですね。

ed薬の改善効果

これらのed治療薬は実際によく効きます。edの症状を改善する程度の差はあっても、ほとんどの方に何らかの効果がある事がわかっています。バイアグラやレビトラなら効果が4時間5時間続き、edを一番長く改善する薬シアリスになるとその効果は24時間以上です。1錠呑めば1日中いつ何時その気になっても体の方の準備はきっちりできているという事になるわけです。ありがたい事です。性行為から離れていた期間が長かった人ほど、ed薬の効果に対する喜びはひとしおの様、その喜びは、自分ひとりのものではなく、大切な人と共有できるものですからなお更です。最近では、ed治療に効果の長い薬シアリスを求める方も増えていると聞いています。シアリスの食事を気にしないでよい便利さも人気の理由の様です。

ed薬の改善効果

  • 十分な硬さがなくて性行為に及べないed…十分な硬さに改善
  • 中折れ状態で性行為が上手くできないed…しっかりとした勃起に改善
  • ほとんど勃起する事がなかったed…勃起が可能になるように改善
  • 性行為から得る快感がアップする
  • edが改善する事で、相手の女性に今まで以上に満足してもらえる

edを改善する以外にももっとある治療薬の効果

edの治療薬は、高齢の男性によくある、排尿障害をかかえる前立腺肥大症にも、効果があると言われています。実際にシアリスは、前立腺肥大症の治療薬として承認されていますし、また、毎日服用を続けるとedを予防する効果も期待できると研究が続けられているとの事、シアリスは、その中でも先駆けてed予防薬としての処方がedの専門家によってされていると聞いています。

薬では難しかったed治療

ed治療薬といっても、はたしてどの様な薬だろうと思うでしょう。患部に塗って治療するのか、毎日呑んで機能障害を治すのか、などと…。ここで扱うedを治療する医薬品は、服用薬です。この薬を1錠呑めば、呑んだ後の数時間edの症状がなくなると言うのです。それまでのed治療は、手術に頼るか、注射を続けるかといったもので、必ず医師の直接の診察が必要でしたから、それから考えれば、まるで魔法の様な薬です。過去においてはedの為に病院の外来を尋ねる事が、まずed治療の第一の難関だったと言えるかもしれません。できれば、誰にも知られずに治したい、下半身の診察はできれば避けたい、いい年をしてと思われるのが嫌だ…そんな気持ちが起こるのは誰でも当然、そうなると治療に踏み切る勇気もなくなってしまうわけです。

* アメリカバイアグラの購入方法

誰にでもできるedの治療

しかし、1990年の終わりにedの薬バイアグラが発売されてからは、閉ざされていた水門が開かれて水が溢れ出すように、ed治療に勢いが生まれた事がわかります。edを1錠の薬が改善するとたいそうな話題になりました。少々大げさにマスコミなどで扱われた感じはありはしますが、その世間の評判に負けないくらいバイアグラのedを治療する薬の効果には、確かな手ごたえがあったのです。健康な男性なら誰でも、1錠の薬を呑むだけでed治療が可能になったのです。ed治療薬の利用者が世界に広がるのは時間の問題だったわけです。今では、バイアグラに続く第2、第3のed治療薬も販売されており、最近ではジェネリックのed薬も登場、edの患者さんの治療の選択手も幅広くなっています。