ホーム  > ダイフルカン  > 女性用バイアグラとも呼ばれる興味深い薬ダイフルカン

女性用バイアグラとも呼ばれる興味深い薬ダイフルカン


baiagura-ed.png

* ダイフルカンのジェネリックについて(コラム)

ダイフルカンは、女性用バイアグラとも言われている医薬品です。 皆さんは、女性用のバイアグラという言葉を耳にした事がありますか。女性用バイアグラというからには、男性用バイアグラが男性の性機能を改善したように、女性用バイアグラは、女性の性機能を改善する薬のことだろうと見当がつきますね。巷でよく耳にする女性用バイアグラには、大きく分けて2種類がある事をまず、理解していただいて話を進めて行くことにしましょう。まずは、当然ながら男性用バイアグラの有効成分を同じ様に含むジェネリックの女性用バイアグラ、そして、もうひとつがこのダイフルカンです。


ダイフルカンが女性用バイアグラと呼ばれる理由


ダイフルカンは、真菌性の感染症の治療薬としてアメリカのファイザー社(バイアグラを作ったところですね)が発売を始めた医薬品で、服用タイプの薬です。カンジタ症などの性器の感染症には、塗布タイプの塗り薬が使われる事が通常は多いのですが、このダイフルカンを使えば服用タイプですから、局部に定期的にクリームを塗るといった面倒がなくて、患者さんからは喜ばれているというような話ですね。さて、ではどうして、このダイフルカンが女性用バイアグラと呼ばれるようになったのでしょうか。

女性用のバイアグラの用途は、女性の性欲減退や不感症の治療ですが、ダイフルカンが女性用バイアグラといわれるからには、当然、この様な効果がこの薬になければならないということになります。ダイフルカンには、バイアグラの有効成分のシルデナフィルは含まれていません。含まれている有効成分は、フルコナゾールと言われる成分で、カンジタ症などの原因である真菌の細胞膜の形成を阻害し、増殖を抑えるという抗真菌作用のある薬です。

ですから、女性の真菌性の性器感染症の治療などに使われます。そして、その効果とともに、膣内の分泌液を増加させる働きがこの薬には見られるため、高齢の女性や閉経後の方、また日頃から膣の渇きが気になる方が使用すると、膣内の潤いを保つ働きがあるということなのです。それは、濡れ薬というわけではありませんが、膣が潤うと言う事が、性欲や性の衝動を促進させる事に全く無縁ではないので、ダイフルカンが女性用バイアグラと言われるようになったのではないでしょうか。

それから、もうひとつの理由として考えられるのが、ダイフルカンの製造元がバイアグラの製造元ファイザー社であったことも、ダイフルカンが女性用バイアグラと言われるようになった事に関係しているのではないかと個人的には見ています。


ダイフルカンは、女性用バイアグラとして販売されている?


日本では、ダイフルカンと言う名前の薬は販売されておらず、成分名のフルコナゾールとして扱われている場合が多いですね。決して女性用バイアグラでは販売されていません。ただ、その効果から、インターネット上のサイトで扱われる時に、女性用バイアグラという肩書きがつけられていると言うわけです。

ダイフルカンには、海外個人輸入で手に入る各種ジェネリック医薬品がありますし、日本国内の製薬会社が販売するフルコナゾールのカプセルがありますね。これらも、決して女性用バイアグラの名称はつけられていません。しかし、インターネットで扱われるものと医師が処方してくれる真菌性感染症治療薬のダイフルカン、フルコナゾールは同一のものなのです。

女性用バイアグラと言われるダイフルカン、日本では、処方箋薬であるダイフルカン(フルコナゾール)を海外個人輸入代行で処方箋を提示する必要なく入手する事ができますが、その際には、医師の診察を受けた上で、禁忌薬や副作用、服用方法などをよく理解して利用するようにしましょう。