ホーム  > ダイフルカン

ダイフルカン(女性用バイアグラ)の主要用途は何ですか?


baiagura-ed.png

ダイフルカンは、アルファベットではDiflucanと書く薬で、アメリカのファイザー社が開発した真菌性の感染症の治療薬です。この薬の有効成分は、フルコナゾールでアルファベットでFluconazoleと書きます。ダイフルカンの用途は、人の体の真菌類の感染の治療や予防となっています。

人の体のどの部分に対しても感染の場所を問わず使われているといます。例えば、口の中、咽頭、食道、女性性器、肺、膀胱など色々です。また、癌や骨髄移植、エイズなどの治療をしている方が免疫が弱った為におこる真菌感染予防のためにも使われているそうです。


女性用バイアグラとも言われるダイフルカンは女性用の薬ですか?


ダイフルカンは、真菌性の感染治療の為には、子供や大人を限らず、また男性女性を限らず使用されています。この薬を使う時には、次のような注意が必要だとの事です。(ダイフルカンは、処方箋薬です)

  • この薬には禁忌薬があります。服用中の薬のある方は、医師の指導を受けましょう。
  • 有効成分のフルコナゾールは大丈夫でも、Clotrimazole、Econazole 、Ketoconazole(この他にも何種類かあり)などの似たような薬に対してアレルギーのある人も、この薬の使用に注意が必要です。
  • もし、肝臓病、腎臓病、不整脈などの持病があったり、近い過去にこれらの病気をわずらった事のある人は、この薬を使用する前に、その事を医師に相談しなければならないでしょう。
  • FDAでは、1日の使用が1錠までで、長期の使用でなければ、妊娠した女性がこの薬を使用しても構わないと判断しています。(医師の指導下での使用が求められます)母乳の中に薬の成分が混じる可能性があるとの事で、授乳中の方は、この薬は使わない方がよいと言っています。もし、この薬を使用中に妊娠した場合でも、慌てることなく、医師のその事を相談するようにしましょう。(妊娠中の女性の、真菌類の性器感染症の治療にも、医師によって処方されている薬です。)

女性用バイアグラと言われるダイフルカンの使用量はどのくらい


  • カンジタ症の感染を治療する目的でこの薬を使用する時は、毎日決まった時間に1錠(150rを目安)を服用、忘れないようきっちり最低1週間くらいは服用を続けるとよいはずです。中途半端な治療で終わると、また、菌が勢いをぶり返して、また最初から治療しなければならないくなったりします。最初の数錠でかなり症状が改善しても、もう数日は服用すると考えておいて下さい。
  • 口の中にできたカンジタ症の場合は、毎日1錠(100r)を約2週間ほど服用すると良いとのことです。症状がひどい場合は、初日は2倍の200rを服用するように指導されているようです。症状の程度によって、1日に最高で400rまでの服用が可能だと言いますが、ただしこの量で毎日服用を続けるのは、副作用の事などを考えても避けるべきでしょう。
  • 副作用は、基本的にあまりひどくない薬との事です。

アメリカにはリキッドタイプのダイフルカンもありますが、日持ちがあまりしないので、流通用には錠剤の方が適していますから、日本で個人輸入代を通して入手できるダイフルカンは、ほとんどが錠剤となっています。