ホーム  > 不感症薬

女性の不感症薬の存在


不感症治療、不感症改善


女性の中には不感症で悩む方が実際のところ、どれくらいいるのでしょうか。「不感症」だからということで婦人科や性のクリニックをたずねる人が、自分が不感症だと思っている人の中のどれくらいを占めるでしょうか。おそらく治療を受けるのはごく一部の人のはず。だいたい、診察を受けるといっても診察のしようがないですから、問診で終わる事になるでしょうし、治療にしても、どのような治療が施されるのか気になります。もし、不感症を治療する事ができる薬があるなら、一番手っ取り早いと思うのですが、実際、不感症の治療薬は存在するのでしょうか。


不感症薬での不感症治療が可能か


女性用のバイアグラを通販で購入

不感症を考える前に、不感症とはどのような症状のことを言うのかについて考えて見ましょう。不感症とは、簡単に言えば感じる事ができない症状のこと。多くの場合が、性行為の最中にオーガズムに達しない、または、達しにくい、また全く感じないという女性に対して使われる言葉となっています。これは感じ方の問題ですから、実際には、こうであれば不感症で、ここまでなら不感症でないといったはっきりした線引きの難しい症状です。ほとんどの場合が自己判断の自覚症状ということになります。オーガズムを感じている人でも、まだ満足できないと感じるなら、不感症の一角に加えられるかもしれません。喜びが頂点に達した感覚がわからないと言う人でも、性生活に満足しているなら、不感症だと悩むことにはならないでしょう。

また、時間をかければオーガズムに達するのであれば、感じないのではないですから不感症だとは言いがたいのではないかというのが、個人的な意見です。気持ちが乗らなければ、性行為の喜びは生じてこないのは当然です。不感症というのは、体の機能的な問題からのものでない限り、ほとんどが思い込みである事が多いと言うのがほとんどの専門家の意見のようです。

不感症を治療する薬として最近注目を集めているのが、フルコナゾールです。ファイザー社が製造するダイフルカンという医薬品の主成分がこのフルコナゾールですが、この薬の不感症薬としての効果が話題になっています。フルコナゾール自身は、真菌性感染症の治療薬となっていますが、膣内の分泌液を増加させる働きがあることから、この様な話題に結びついているのだとか。高齢などの理由からの、また閉経後のホルモン減少などからの膣内の乾きに対する潤い効果がこの薬、フルコナゾールに期待できることから、不感症にも効果ありと言う事なのだといいます。



不感症薬での不感症治療の仕組み



ed-baiagura_image


薬で不感症の治療が可能になるのか、それに対する正解は、ケースバイケースではないでしょうか。実際に、フルコナゾールが膣内を潤わせる働きがあるのは、事実ですから、もし、膣内が乾燥していて、性行為の時にもなかなか濡れてこないという人には、この薬がおそらくずいぶん助けになると思われます。高齢の方の中で不感症になったという人には、膣内の分泌がうまく行かないことから、スムーズな性行為にならず、痛みばかりで感じるどころではない、性行為が嫌になるという人がいます。この様な人の場合の不感症は、膣内を潤わせてくれるフルコナゾールでずいぶん改善されるであろうと考えられます。

とにかく、不感症だと思いこむ前に、ちょっといろいろ工夫をしてみると良いでしょう。ただの行為で終わらせないで、人間味のある内容のある愛情深い時間にするためには、パートナーの親身な協力も必要になってきます。その時に不感症治療薬を使うのも、不感症対策の効果が期待できる方法のひとつであるわけです。

* 性行為の際の不感症や絶頂に達しない、性的興奮障害を改善する女性用治療薬を購入