ホーム  > フルコナゾール  > 真菌薬 フルコナゾールのもうひとつの用途

真菌薬 フルコナゾールのもうひとつの用途


カンジタ感染症などの女性性器の痒みや傷みなどの症状を治療する真菌薬フルコナゾールには、これらの感染症を治療すると言う用途の他に、もうひとつ、ありがたい効果があります。それが、女性の膣内を潤わせると言う働きです。女性の膣内は、色々な分泌物や菌類が自然にバランス良く混在している事がわかっています。性交時には、この膣内の分泌液が増えて、スムーズに行為が行なわれるのを助け、また、女性の性感が高まるのをヘルプするとも考えられています。


真菌薬 フルコナゾールが膣内を潤す


真菌薬 フルコナゾールが膣内を潤すという事は、つまり、分泌液を増やすわけですが、この効果が必要な方は、膣内が乾燥している方、もしくは、性行為時に分泌液が充分に間に合わない方ですね。膣の乾燥は、女性のお肌の曲がり角があるように、体の色々な分泌物の機能の老化現象のひとつもなるのですが、個人差がかなりあるようです。20歳代でもお肌の乾燥を感じる人がいる様に、40歳50歳といった年配の女性だけでなく、若い女性の中にも、膣内が乾燥に困っている方がいるといいます。

真菌性の感染症をよく治療するフルコナゾールには、膣内を潤すという効果もあります。1錠のフルコナゾールの効果は1日ではなくて数日間続くと言う事で、1錠を呑んだ後の4日〜5日間は膣内が常に潤っている状態になっているということなのだそうです。目で見て確認する事はできませんが、感じでわかると言います。膣内の分泌液は、菌からの感染を防ぐ働きももともとありますし、菌の増殖も防ぐわけで、フルコナゾールが真菌性感染症の治療薬である理由がここにもあるわけです。


真菌薬 フルコナゾールが性交時の痛みを和らげる


真菌薬 フルコナゾールが膣内を潤わせる事から得る事ができるもうひとつの効果が性行為の時の痛みを和らげると言う事。女性が性行為の最中に痛みを感じる原因のひとつが、膣内の乾燥、分泌液の不足にあります。女性の体の機能は、女性が性的刺激を受けると、男性の挿入を助ける為に膣内の分泌液が増加するのが自然なのですが、男性の一方的な行為であったり、女性の気持ちが乗らなかったりすると、膣内の分泌が充分に促されないため、分泌液が不足しスムーズな性行為にならず、痛みを感じる事になるわけです。

そうなってしまうと悪循環で、ただでさえ、日頃からあまり性に対して消極的であったりした場合は、更に性行為が嫌になってしまいます。女性としての性の喜びを感じるどころか、痛みに苦しむ事になるわけです。性に対する嫌悪感を感じるようになってしまうというわけです。最近、一部の夫婦の間で密かに広がりつつあるセックスレス夫婦の関係、その原因のひとつにこの性行為への嫌悪感があると聞きますが、性行為が嫌になる原因に女性が性行為時に感じる痛みという理由がきっと挙げられると思いませんか。

膣の乾燥には、クリームを塗ると言った方法もとられていますが、もし、1錠の薬で済むなら、性行為のたびにクリームを塗るといった行為から開放され、面倒ではないですね。膣内の乾燥を防ぎ、性行為時の女性が感じる痛みを和らげる効果が期待できる真菌薬 フルコナゾールは、海外の個人輸入代行を通して海外から購入する事ができます。


関連リンク