ホーム  > edについて  > ED治療とは  > ED治療薬とEDの兆候について

ED治療薬とEDの兆候



健全な男性は一晩に数回に渡って勃起をすることがわかっています。これは、睡眠中に交感神経と副交感神経のふたつの自律神経のバランスが副交感神経に傾いた時に起こる現象で性的刺激とは全く関係のないものです。男の赤ちゃんにも見られます。この「夜間陰茎勃起現象」の最後の一回がいわゆる朝立ちとして目が覚めたときに勃起しているということになるのです。

ED治療薬バイアグラ

勃起不全の兆候は、朝立ちをしなくなったことからも知ることができます。朝立ちの具合がゆるくなったなどと感じたり、いつ朝立ちしたのか記憶にないなとなったら、ED治療薬バイアグラが必要になる時なのかもしれません。

朝立ちするということは、機能的に何ら問題がないということを証明しています。もし、性交渉時にうまくいかないと思って機能的な問題があるのではと心配している方で、しっかりと朝立ちをしているのでしたら、それは心因性の原因からのものであると考えればよいでしょう。心因性のものにもバイアグラは良く効きます。

一方で、性交渉時もうまく勃起しなく、朝立ちもしないのでしたら心因性に加えて器質性のEDである可能性が高くなります。この場合もED治療に効きますが、症状が重症であればバイアグラなどの服用治療薬の効果が期待できない場合もあります。(例えば、重度の糖尿病、動脈硬化、陰茎周辺の手術や外傷など…)

健全な男性の方でも毎日朝立ちするわけではなく、数日に1回とか、週に1〜2回程度が普通のようです。これが、つきに1回くらいや、勃起の具合がずいぶん弱くなったと感じるようになったらEDの兆候と考えて専門医を訪ねるなどすると良いでしょう。

輸入代行で購入できるバイアグラと日本の医院でED処方しているものは同じものです。輸入代行によって購入する場合は、この医師の処方がとくに必要なく、価格も安価で購入が可能なはずです。後は信用度の問題ですが、当店で扱うED治療薬バイアグラはアメリカで販売されている正規の医薬品です。全商品アメリカから発送しており安心してご利用していただけます。

シアリスのED治療効果について

シリアス薬の効き目の具合、つまり薬の効果の具合、効き方の強さというのは、薬を呑んだばかりの時も、24時間たった時点でも差はないのでしょうか。イーライリリー社のED薬シアリスは、薬の効果が長い時間続く事で知られています。効果持続時間は、個人個人の薬の効き方で、かなりの変動がある事が考えられるとしても、1錠で24時間は効果が期待できるというのがシアリスの魅力。詳細ははこちら=>シアリスは服用後の効果続時間内であれば常に同じ?を参照してください。