ホーム  > EDについて  > ED治療薬処方  > 東京でed薬を安く処方してもらう方法

東京でed薬を安く処方



東京でed薬を安く処方してもらう方法ーその1


baiagura-ed.png

東京でed薬を安く処方してもらう方法には、初診料・再診料が無料なところを選ぶか、ed薬の価格が安いところを選ぶかの2つの方法があります。「初診料・再診料がタダのところなんて本当にあるの?」と思うかもしれませんが、ed治療は自由診療扱いなので、初診料と再診料を無料にしても問題はありません。そして実際に薬剤費だけの請求で初診料と再診料を無料というところは東京都内に少なからずあります。ed治療は自由診療扱いということですから、バイアグラやレビトラやシアリスといったed薬も、それぞれのクリニックで値段を決めることができます。

それで、ネットでed専門のクリニックのホームページに記載されている1錠の価格を比較してみると、差が少しづつあるものです。それで、幾つかのクリニックのホームページを見てed薬の値段を確認しておくと、少しでも安く手に入れることができるようになります。ただ、ed薬の値段の記載はクリニックによって税込だったり税別であったりと統一されていないので、そこは注意して見る必要があるところと言えるかもしれません。行って処方してもらった後に「税別表示だったことに気がつかなくて実は高かった…」ということがないように気をつけたいものです。東京にはバイアグラを処方している数多くのクリニックがありますが、多くありすぎるのでどこのクリニックが総合して安いのかという判断は難しいかもしれません。


東京でed薬を安く処方してもらう方法ーその2


東京でed薬を安く処方してもらうためには、まずそれぞれのクリニックのホームページをチェックして初診料がいくらかかるか、薬剤費にいくらかかるか把握するのが有効です。そして次に、総合的な判断を下すということが必要になってきます。なぜなら、初診料が無料でも薬剤費が高かったり、その逆に初診料は3,000円ほどするけど薬剤費は割安というところなどもあるからです。とはいえ、こうしたことだけでなく家から近いかなどの条件も考える必要があります。ed治療に関わらず一般の治療でも、病院が遠くにあると行くのが億劫になってしまいます。ed薬は併用できない薬があるので、何かの薬を服用し始める場合には、医師に確認をとったほうが良いと言われていますが、気楽に通えないとそうした確認をするのも面倒と感じてしまうものです。

ですから、お金も大切ですが、家から近いかどうか気楽に行ける場所かどうかという点も考慮に入れておくべきポイントになります。実際に家から遠いところだと、いくら安くed薬を処方してもらえるとしても、交通費やそこまで行く時間などが取られます。東京の場合は至るところで処方は受けられると思いますが、こうした点も考えておくと判断する際の基準にひとつになるでしょう。とはいえ、ed薬は病院やクリニックだけでしか手に入れることができないものではないということも覚えておくと良いでしょう。個人輸入代行店を通してed薬を購入することもできます。「病院に行くのが手間だな」と感じる方は、優良なネットショップを利用して購入することを考えてみるのも良いでしょう。


関連リンク