購入はこちらへ
ホーム  > EDについて  > ED治療薬処方  > 大阪でED薬の処方を受ける時、

大阪でED薬の処方を受ける時、



大阪でED薬の処方を受ける時、健康保険証は使える?


baiagura-ed.png

ed薬の処方は病院や専門のクリニックでしてもらうことができますが、ed薬は保険適用外の医薬品のため健康保険証を使うことはできません。ed治療はすべて自由診療扱いになっているので、薬剤費だけでなく診察費用や検査費用もすべて保険適用外で実費負担となります。大阪の専門のクリニックでed薬を処方してもう場合には、それぞれにどれほどの費用がかかるのでしょうか?どこのクリニックでも初診料は3,000円前後、再診料の場合は1,000円ほどが相場のようです。

男性ホルモンや肝機能の状態を調べるための血液検査や心電図検査などを希望する場合には、別途実費負担で検査をしてもらうことも可能です。大阪のed薬を処方しているクリニックでは、基本的にバイアグラ・レビトラ・シアリスといった先発品のed薬と一部のジェネリックを取り扱っています。薬剤費も自由診療扱いなので、クリニックによって微妙に価格が異なります。あるクリニックでは、バイアグラが1錠1,400円しますが、別のクリニックでは1,080円だったりします。

また、錠数も1回の処方につき40錠から50錠と制限を設けているところもあれば、希望する錠数を処方するとしているクリニックもあります。初診の場合は4錠から6錠ほどしか処方しないと決めているクリニックもあれば、そうして制限を設けていないところもあります。大阪では、複数のed専門のクリニックを近い場所で探すことができると思いますから、事前にネットなどでチェックしておくと希望に沿うクリニックに通うことができるかもしれません。

* 費用で見るed治療


大阪でED薬の処方を受けるまでの流れは?


大阪でed薬を実際に処方してもらうには、泌尿器科がある病院を探すかed専門のクリニックを探す方ということになりますが、どのような流れで処方されるのでしょうか?大阪は東京に次いでed専門のクリニックが多いと言われていますから、クリニックを探すこと自体は難しくないでしょう。ed治療は自由診療扱いなので、ネットなどを使って事前に初診料や再診料がそれぞれのクリニックでいくらするかを比較して、行くクリニックを選ぶことができるかもしれません。通うクリニックを決めたら、そこの受付に行きます。基本的に予約が必要なところは少ないので、直接行ってすぐに診察をしてもらうことも可能な場合が多いようです。受付後に問診票に現在の健康状態や服用している薬などの情報を記入して、医師の問診を受けます。問診はどこのクリニックでも簡単なもので、5分から10分ほどで終わることがほとんどです。

最後に自分が希望するed薬と希望する錠数を伝えて処方してもらうというのが流れになります。大阪に限らずed薬を病院やクリニックで処方してもらうと思うと費用はかかるものです。診察費がかかりますし、近くにed専門のクリニックがない場合には、そこに行くまでの経費や時間などもかかります。それで、そういった費用を削りたい場合は、個人輸入代行店を利用して購入するという方法があります。この場合は診察費もかかりませんし、時間を取られるという煩わしさもありません。優良なネットショップを利用すれば正規のed薬を安心して購入することができますので、気になる方は試してみてください。


関連リンク