購入はこちらへ
ホーム  > EDについて  > ED治療薬処方  > ED薬の処方

ED薬の処方



ED薬の処方までの流れはどんな感じ?


baiagura-ed.png

病院やクリニックに行ってed薬の処方をしてもらうにはどうしたら良いのでしょうか?ここでは処方までの一連の流れを紹介していきますので参考にされてください。まず、ed薬の処方を受けるためには、病院の泌尿器科もしくは専門のクリニックに行き受付します。基本的に多くの病院やクリニックでは予約をする必要はないようですが、個人のクリニックなどによっては予約が必要なところもありますので、可能なら事前に調べておくと良いでしょう。受付後、問診票が手渡されますので必要事項を記入します。問診票には、過去の病歴や現在の健康状態、さらに服用中の薬の薬剤名をすべて記入する必要があります。

一部のクリニックでは、問診票を公式ホームページから事前に印刷することができるようになっています。印刷して記入を前もってしておくと、来院・受付してからよりスムーズに診察まで進むことができます。その後、医師による問診が行われます。クリニックの場合は非常にシンプルで約5分から10分ほどで終わることがほとんどのようです。問診の内容はed薬に関する説明と必要に応じた血圧測定です。病院の場合は、問診とともに血圧・脈拍・血液検査・尿検査・心電図測定などの検査も行われることが多いので、ある程度時間がかかることを予想しておいたほうが良いでしょう。それで、簡単に問診を済ませたい場合はクリニック、診断や検査をじっくりしてからed薬の処方をしてもらいたい場合は病院に行くことができます。→ed薬を病院で処方してもらう以外の購入方法は?


ED薬の処方をしてもらう際の注意点は?


問診と検査が終わったらed治療薬を処方してもらうことができます。基本的にはどこの病院でもクリニックでも希望するed薬を希望する数だけ処方してもらうことができます。向精神薬などの一部の医薬品に関しては1回に処方できる量に限度がありますが、ed薬に関して何個までという制限を設けているところは少ないようです。仮にバイアグラを100個希望したら、100個処方してもらうことができます。また「ed薬を初めて試すので、バイアグラとレビトラとシアリスのどれが自分に合うか試してみたい」と言えば、それぞれの錠剤を処方してもらうことができます。→ばいあぐらの処方を初めて

このように病院でもクリニックでも、基本的に患者の意向を尊重してed薬を処方します。それで病院やクリニックに行ってから、医師に自分に合うed薬を決めてもらい処方してもらおうとは考えないようにしてください。あくまでどのed薬を選択するかは個人の決定になります。仮に病院でどんなに詳しい検査を行ったとしても、医師としては「あなたにはこのed薬が合っています」とは言えないからです。それで病院やクリニックに行く前には、自分でそれぞれのed治療薬にはどのような特徴があるのかを把握しておくと良いかもしれません。また、一部の病院やクリニックではed薬のジェネリックを取り扱っているところもありますので、ジェネリック製品を使いたいと思う場合にはその旨を伝えて見ることもできるでしょう。


関連リンク