ホーム  > EDについて  > ED治療薬処方  > 横浜のED薬処方

横浜のED治療薬処方



ED治療薬を処方してくれる横浜の病院はどこがオススメ?


baiagura-ED.png

日本ではED人口が1,100万人を超え、成人の4人に1人が中度もしくは重度のED障害を抱えていると言われています。先進国のEDの人口割合は10人に1人と言われていますから、日本はEDの人口割合がかなり高い国ということになります。とはいえ、適切はED治療薬を服用すれば症状を治すことは可能です。 ED治療薬を手に入れる方法としては、病院に通う方法と個人輸入代行店を通して購入する2通りの方法があります。では、多くのED患者を抱える日本の横浜でどのように病院を探したら良いのでしょうか?

バイアグラなどのED治療薬は、一般の病院の泌尿器科で処方してもらうこともできますし、横浜にあるED専門のクリニックでも処方を受けることは可能です。EDになってしまったということに恥じらいを感じない人であれば、近くにある病院の泌尿器科に行くこともできます。もし、少し恥ずかしさがある場合にはED専門のクリニックで診察してもらう方が気が楽かもしれません。ED治療は保険適用外のため、病院と比べて私立のクリニックの方が高いということもありません。場合によっては、クリニックの方が病院よりも安い場合があるので、事前にネットなどで費用を確認しておくと良いかもしれません。また病院やクリニックを選ぶ際には、どれほどの診療実績があるかも調べられたら調べとくと良いでしょう。実績が多ければ多いほどスムーズに診察、処方としてもらうことができるからです。


横浜で病院とED治療薬専門のクリニックどちらがオススメ?


横浜でED治療薬を処方してもらおうと思ったら、病院の泌尿器科か専門のクリニックに通う必要があります。実際のところ、病院とクリニックではどちらが良いのでしょうか?病院でED治療薬を処方してもらう場合に生じる不都合としては、女性の医師や看護師、さまざまな科に受診に来ている患者が院内にいるので、EDの治療のために来ていると居心地の悪さを感じる方は多いようです。もちろんほとんどの人がEDの治療で来ているということは知る由もありませんし、実際のところ気にもしないのですが、他の人の視線は気になってしまうようです。

これがED専門のクリニックの場合では、中に入ってしまえば患者全員がEDですし、医師や看護師も皆ED治療に来ているということを知っているので恥ずかしさは軽減されるといいます。唯一恥ずかしくなるタイミングは、クリニックに入る瞬間だそうです。とはいえ、横浜でED治療薬を処方してもらうためには病院かクリニックに行くしかないというわけではありません。個人輸入代行店に依頼してED治療薬を購入するという方法もあります。

横浜には多くの病院やクリニックがあるので、ED治療薬を処方してもらうことは簡単なことですが、そこに足を運びたくないと思う方には個人輸入代行店を利用するというのも一つの方法になるでしょう。個人輸入代行店を利用して購入することに不安を感じる方は少なくないかもしれませんが、病院やクリニックで処方されているものと同じ品質のものを手に入れることができますので心配する必要はありません。