ホーム  > ED治療薬の購入  > ED治療薬通販のメリットとデメリットは?

ED治療薬通販のメリットとデメリットは?


ED治療薬は通販でも安心して購入できる?


baiagura-ed.png

ED治療薬は通販でも購入することができます。というよりも通販でしか購入できないものの方が多くあるというのが実情です。日本で現在ed治療薬を手に入れようと思ったら、病院に行き処方してもらうか個人輸入代行店を通して通販で購入するかの方法がメインになります。個人でアメリカに行って大量に仕入れてくるということも不可能ではありませんが、そのためだけに行くというのは経済的ではないですし、それを継続的に行うということも難しいのが現実でしょう。

ですから、上記の2つの方法のいずれかを選ぶことになります。では、病院で処方を受けるのと個人輸入代行店を通して通販で購入するのとでは、それぞれにどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?病院で処方を受けることのメリットは、ed治療薬の正規品を確実に手に入れることができるという点です。ネットの通販サイトの中には偽物を本物に見せかけて販売している悪質な業者もいるので、病院であれば安心して購入できるというメリットがあります。

* 購入はどこでできますか?ばいあぐらは

とはいえ、病院で処方を受けるには短時間とはいえ実際に来院し、問診票に記入し医師の問診を受けるという作業が必要になります。これが近くにed治療薬を処方している病院がないところに住んでいる人にとっては意外に面倒な手続きになります。また「ed治療薬を処方してもらうために病院に足を運んでいるところを誰かに見られたらどうしよう」という恥ずかしいという気持ちもあるのではないでしょうか?

* 東京のバイアグラ処方可能なクリニック


ED薬通販のデメリットとメリット


ed治療薬を通販で購入するメリットはいくつかあります。そのひとつは病院で処方されている医薬品よりも多くの製品の中から選ぶことができるという点です。例えば、日本の病院では基本的にバイアグラは50mg錠と25mg錠しか処方していません。

それで、多くの方がバイアグラは50mg錠までしかないと考えていますが、実はアメリカでは普通に100mg錠も販売されています。通販を利用すれば、こうした病院では手に入れることのできないed薬も購入することができます。また、病院に行く手間や時間を省くことができます。特に近くにed薬を処方している病院がない方にとっては通販で購入できるというのは助かることでしょう。人によっては「病院に行って処方してもらわないと不安」という方もいるかもしれません。

しかし、病院に行ったとしても診察と検査をして個人に合った治療薬が処方されるというわけではなく、好きな治療薬を個人で選んでそれが処方されるという形です。それで、正規のed治療薬を通販でも安心して購入できるのであれば、病院に行くことの必要性を感じている人は比較的少数と言えるでしょう。では、ed薬を通販で購入するデメリットとしては何があるでしょうか?デメリットとしては、偽物を販売している個人輸入代行店が多くあるという点です。とはいえ優良な個人輸入代行店も多くあることは事実なので、安心して購入できるネットショップを見分けるということが大切になります。


関連リンク