購入はこちらへ
ホーム  > EDについて  > ED治療薬の効果  > ED治療薬レビトラと飲酒の影響について

ED治療薬レビトラと飲酒の影響について


baiagura-ed.png

毎日、夕飯前には必ず晩酌をするという男性は、おそらく多いでしょうね。では、ED治療薬レビトラで治療をする人が、毎日の晩酌を控える必要があるかと言う事ですが、ここで問題になるのは、晩酌をすることそれ自体よりも、晩酌をどのくらいいただくか、晩酌とレビトラ服用の時間の間隔はどんなものかと言う事になってきます。また、家で晩酌はしないけれど、仕事帰りに同僚とちょっとそこら辺の赤のれんで、少しばかりひっかけてきますと言う人もいるでしょう。そんな人がED治療薬レビトラと上手に付き合うにはどうしたらいいのでしょうか。

ED治療薬とは

EDについて簡単に説明しますと、昔はいんぽてんつなどと呼ばれたりした男性の性機能障害である勃起不全症の事を指して言う言葉がEDです。このEDの治療に使われる薬がED治療薬です。EDの薬には、アメリカFDAから承認を受けている三大ED治療薬があります。アメリカファイザー社製のバイアグラ(成分「シルデナフィル」)、ドイツバイエル社製のレビトラ、アメリカイーライリリー社製のシアリスがそれです。これらの薬の登場で、1錠呑むだけですぐにEDが改善するわけです。EDの治療期間がグンと短縮された事になります。これらのED薬の効果で男性の勃起不全症は、誰にでも気軽に治療できる事になったのです。

バイアグラの効果は、

バイアグラは、薬を呑んだ1時間後から4時間後の間に最も効果を発揮します。4時間を過ぎると、十分な勃起のサポートとは行かないまでも、少々の効果は残っている方もいます。効果有効時間が過ぎると、元の状態に戻ります。中には、毎日バイアグラを服用する事で、勃起不全症に改善が見られるという話もありますが、基本的には、服用後の数時間がこの薬の効果のある時間です。

バイアグラの購入は、

ばいあぐら(baiagura)の値段は通販サイトによってさまざまですが、安いものでは1錠1,000円程度で購入できるものさえあります。病院やクリニックで処方してもらうと1錠1,500-2,000円ほどになりますから、かなり安く購入できるということが分かります。1/2の値段で買えるというのは使用頻度の高い人にとってはかなり魅力的な値段です。ではばいあぐらの個人輸入通信販売サイトは安さ重視で選んでも問題ないのでしょうか?実は安さだけを見て決めるのは危険です。偽物のばいあぐらを販売している通販サイトは数多くあるので、正規品を取り扱っているところかどうかを見極めるのは大切です。


ED治療中の晩酌


ED治療薬レビトラでのぼっきふぜん症の治療をしている男性が、日頃必ず夕食前に晩酌をするのだとします。レビトラを服用する日はこの晩酌を控えるべきでしょうか。晩酌をするのは、夕飯前である事が多いでしょう。晩酌が終われば食事にかかります。食事が終わると大体8時とか9時くらいになるでしょうか。

その日、レビトラを服用する事になっていたら、(レビトラを服用するような状況になるとしたら)もし、それが事前にわかっているのであれば、日頃よりもお酒の量を少し控え目にすませるとおそらくベストでしょう。また、レビトラは、体内に吸収される時間が服用後早いですから、その時間を避けてお酒を少しいただく分には、特に大きな問題はないはずです。レビトラを服用する日は、晩酌はしないとむりに我慢する必要までは、ないという事になります。

晩酌は、一日の疲れや、緊張をほぐし、会社の仕事から気持ちも体も解放させる事ができる、ひとつの手段。体を使って仕事に従事する人、神経をとぎらせて一日中仕事をする人や、上司や得意先に気を使った日には、晩酌のひと時で疲れや緊張が取れて生き返りますね。パートナーとの気持ちの交流にも、一緒に軽くお酒をいただくのは、良いことであったりします。軽く気持ちが良くなった状態で、レビトラを服用するとしても、薬の効果にそれほど大きな影響はないと、一般には言われています。


お酒の共存


晩酌をするたびに、お酒をあびるほど飲んで、正気を失うほど酔ってしまう人とかでない限り、レビトラでED治療をする日に断酒する必要はないはず。人によっては、ほんのりとするくらいの適度なお酒は、リラックス効果があってED治療にはプラスなんだという人もいるくらい。そんなこんなでどうやらED治療薬レビトラとお酒は、共存できそうです。

ED治療薬とお酒を上手に扱うコツは、お酒の量と飲む時間がレビトラの効果持続時間とどう関わってくるかにかかって来ます。レビトラを服用する2〜3時間前にお酒を飲むとか、ED治療薬レビトラの効果が切れてから頂くとかする分には、心配するような問題はないはずです。また、ED治療薬レビトラ服用後の本番に入る前に、パートナーと雰囲気を出すためにワインを軽く1杯といった感じの事も、おそらく許容範囲であると考えて良いと思います。

ただ、個人によってお酒の酔い方が違います。お酒に酔い易い人の場合は、アルコールの回りが速い人なのかもしれません。少しのお酒で普通の人よりも、血行がすごく良くなってしまうという事が考えられます。そんな人は、ED治療薬レビトラで治療中のお酒は、ちょっと気をつけた方が良いと考えられます。なぜなら、レビトラは、他のED治療薬と同様に、血管拡張作用がある成分バルデナフィルが含まれています。

この成分が、体内に取り込まれて効果がある時間内は、血管が拡張していますから、血行が普段よりも良くなると言う事。ただでさえ血行が良くなっているところにもってきて、お酒がプラスされると、お酒のまわりが普段からは考えられないくらい、良くなってしまうという事態になる事。お酒に弱いという人は、ED治療薬レビトラ服用の前後でのお酒は、ちょっと気をつけた方がよいという事になりますね。