ホーム  > ED治療薬の購入  > 個人輸入でED治療薬を注文して届くまでに何日かかる?

個人輸入でED治療薬を注文して届くまでに何日かかる?


baiagura-ed.png

個人輸入という言葉を聞きなれている人は、個人輸入が、海外からのオンライン通販を意味する事だとお分かりだと思いますが、初めて聞く人は何のことかなと思うはずです。個人輸入というからには、海外から品物を日本国内に持ち込むと言う意味になります。

ただ、海外に出向いて品物を自分が購入して日本に持ち帰ると言うのももちろん、個人輸入ということになりますが、ここで言うED治療薬の個人輸入とは、オンライン上に店舗を開いている個人輸入代行業者を通して、日本のご自宅から注文して、ご自宅で品物を受け取るシステムの事で、インターネットビジネスのひとつとしてここ最近特に注目をあびているお買い物方法です。

何だそれなら通販と同じだと思うかもしれませんが、この個人輸入と、普通の通販にはいろんな違いがあり、注文する人が一番理解しておくべき違いが、品物の配達日数です。


個人で輸入での注文したED薬は海外から届けられる


個人輸入のサイトで注文したED治療薬、バイアグラやシアリス、レビトラ、またジェネリックのED治療薬はすべて、海外から海を越えて日本に届けられるようになっています。何週間もかかる船便ではなく、数時間で届く飛行機を使ってです。日本の通販なら、オンラインで注文後、どうかすると朝の注文ならその日の夕方、夕方に注文したら翌日の朝の便で届くという、超スピード配達が実施されているところもあります。競争率が高い通販の世界は、価格以上にサービス面での競い合いになっているといって良いでしょう。少々値段が高くても、すぐに欲しいからすぐに届くところで注文するといった具合です。

個人輸入はいわば海外からの通販、日本に暮らす人が、インターネットを通して海外の会社と取引をしているということになるのです。取引が成立したら、つまり、注文が受領され、入金の確認が取れたら、海外にある個人輸入代行店がお客様の希望する品物を手配し、指定の日本の住所に発送すると言うわけです。その時に、まず、海外の運送会社が利用され、日本の空港に到着してからは、日本の配送会社が品物を受け取り、通関させ、お客様の所まで届けるという事になります。日本の通販よりもいくつかの機関を経由して届けられるわけです。上の様な手順に則って正しく運営されているなら、個人輸入のED治療薬の翌日配達は、まず不可能なはずです。

バイアグラの購入は


ED治療薬の個人輸入の配達日数は、平均4日〜7日


海外から、UPSやフェデックスの一番早く届く手段を使って、日本の知人に荷物を送ったとしても、通常どんなに早くても5日くらいはかかります。もし、間に土日祝日が挟まると、期間は数日延びます。また、日本の届け先の住所がどこにあるかで、日本国内での配達日数が数日加算されたりします。この様なことから見てみても、個人輸入のED治療薬が届くまでには、1週間くらいかかるかなと見当をつけておくのが妥当だといった感じです。また、発送される国がどこかというのも、配達日数に関係してきますね。そのようなことを全て理解して、ED治療薬の個人輸入を利用されると、数日過ぎてるのに何で届かないのかなと疑問がわかないですね。

以上の様なことからもわかるように、海外からのED治療薬の個人輸入には日数がかかります。薬がなくなってから注文したのでは、薬が手元にない期間が1週間以上できてしまうような事になってしまいます。そのようなことにならない様に、個人輸入を利用してバイアグラやシアリス、レビトラ、またはジェネリックのED治療薬を利用する時は、手元の薬があと少し、数錠残っている時に、次の分を注文をするくらいがちょうど良いタイミングで品物が届くことになるでしょう。

レビトラの個人輸入代行は


関連リンク