ホーム  > EDについて  > ED治療とは  > ED薬での治療に影響大

ED薬での治療に影響大


男性の性欲は、女性のそれと比べると、単純でわかりやすく時に衝動的です。ED治療薬での治療をする時に、この性欲が起こらなければ治療効果を得る事が難しいということを正しく理解しなければ、ED治療の成果を得る事が十分にできなくなります。これは、ジェネリックを使用した時も同様です。


性欲がED治療に影響するのか


baiagura-ed.png

性欲がED治療にいかに影響をするのでしょうか。例えば、仮に性欲が全く沸かなくなったという人が、(もちろんそうである場合は、勃起が起こるということにもならないはずですが)勃起不全の治療をしたいとなった時、性欲がない事が、ED治療薬の効果に多大な影響を与える事になります。もちろんそれは、良い影響ではありません。ジェネリックのED治療薬も同じです。これらの薬が性欲のあるなし、強弱に薬の効果が影響を受けるのと同じで、性欲がないと薬の効果もないか、あったとしても十分なものとならないという事になるわけです。

ED治療薬での治療は、勃起を起こさせるというものではなく、勃起を起こさせるのは性欲であって、ED治療薬ではないわけです。血管拡張作用があるED治療薬の働きは、男性の陰茎周辺の血管を広げる働きがあり、薬の効果がある時間内に血管が一時的に拡張して、勃起するために必要な血液を陰茎にたくさん運んでくる事ができる事になります。そうすることで、血管が老化や縮小したりして十分に血液を運んで来れなかった為に、硬くならなかったり、勃起しても挿入できなかったりしたEDの症状を改善するわけです。

血管を通して血液を陰茎にたくさん運ぶようにという指示が脳から出なければならないわけです。その指示が出されるためは、性欲が必要だと言うわけです。血管が拡張して、いつでもたくさんの血液を運ぶ事ができるように薬の働きで準備ができていたとしても、肝心の血液が流れてこない事には、勃起が起こらないことになります。せっかくのED治療薬の効果が発揮されない事になるわけです。特にEDジェネリック治療薬に、この性欲を増加させる効果が入っていると勘違いされる人がたまにいるのですが、それは、ED治療薬の成分と性欲増強の成分を一緒に入れて作られたのがジェネリックの製品というように思っているからなのです。


ED薬と性欲増強剤


性欲を増強させるには、どのような手段があるでしょうか。性欲増強剤として、よくサプリメントなどで紹介されている物があります。また、漢方薬などでもそのような効果があると言われている物もあります。

勃起不全症で悩んでいる男性は、慨して性欲も不足気味になっている人が多く、ED治療薬での治療と平行して、性欲を増強させる手段を何か考える必要がどうしてもでてくる場合が多い様ですね。性欲は、ED治療には必須の条件である以上、何とかしなければなりません。体の機能的なものというよりも、精神的な面の影響も大きい性欲の問題は、例えば、いわゆるエロ本の様なものを見るとか、性行為を連想させるような、シーンのある映画を見るとか、そのような方法もあるかもしれません。

とにかく、ED治療薬の効果を見るためには、日頃から、性欲を高める努力が望まれるところです。性欲があったとしても弱いよりは、強く出るほど、治療効果もはっきり現れるという事も考えられるでしょう。性欲減退気味と日頃から感じている人は、ED薬と合わせて、性欲増強剤の使用を一度考えてみるのもより良いED治療効果を得るためには、必要かもしれませんね。


関連リンク