ホーム  > ED治療薬の購入  > 費用で見るED治療

費用で見るED治療


baiagura-ed.png

EDだけに関わらずどんなものであっても、病気を治療するのには、とかく費用がかかるものです。例えば、外科手術で治す事ができる病気は、治療にかかる期間が短くて済む事が比較的多いですが、手術やその前後のケアにかかる費用は、結構な額になります。健康保険が使える場合はそれでも何とか、費用を調達できますが、保険が効かない手術、または、保険のカバーをはるかに超える大きな手術などになると、医療費が原因で破産申告を申請すると言う状況になる事だってあります。高い医療費は、どこの国でも頭の痛い問題です。


長期間薬を服用するED治療にかかる費用


* 大切な人の為にEDを改善(コラム)

ED治療は、長期間の薬の服用がさけられない病気です。中年以降に誰もがいつかかるかと心配する糖尿病や血圧の病気など、手術をしないで薬で治療するものの場合は、手術費の様な一度に極端な額が必要になる出費にはなりませんが、薬代が相当なものになります。抗生物質のそうなもので感染症を治療するのは、たとえ1錠が1万円以上するような薬であったとしても、1週間とか2週間といったように、ある一定期間服用すれば、病気が完治します。

その期間分の薬代を頑張って支払えば済みますが、血圧の薬は、呑み始めたらその後一生の付き合いとなると考えなければなりません。それでも、これらの薬は、人の命にかかわるものですから、ほとんどの場合が保険が有効、治療にかかる費用の負担は、それ程大きくはないでしょう。でも、バイアグラやシアリスの効果で治療するEDの場合は、どうでしょうか。

EDと言う病気、この病気で悩む男性自信にとっては、自分の一生の問題と言えるくらい大きな悩みとして苦しんでいる人がいたとしても、その為に、生命の危険があるわけではありません。ですから、バイアグラにしてもシアリスにしても、健康保険が効かない薬です。購入する時は患者さんの全額負担なるわけです。もちろん、これらの薬は、毎日服用する必要はありません。気が向いた時に、必要な時、性行為の1時間前くらいに服用して使う事前使用型の薬です。

もちろん、毎日の服用になるという状況の人もいるかもしれませんし、毎日の服用も可能な薬ではありますが、普通は、週に1~2錠といったところが平均的な使用量となっているのではないでしょうか。


費用の負担がED治療を始める年齢に関係


費用の負担がED治療を始める年齢に関係

費用がどれくらいかかるかは、ED治療を始める男性の年齢にも関わってくるでしょう。もし、EDの兆候を感じる人が一番多いと言われる45歳でED治療を始めた男性の場合は、もし、60歳くらいまで治療を続けるとしたら、15年間薬を使い続ける事になります。週に2錠としたら、月におよそ10錠ほど、年に120錠を使用することになります。仮に、週に1錠、月に約5錠ほどとしたとしても、年に60錠が必要になります。一度バイアグラなどの薬で治療効果を体験してしまったら、薬なしの性行為が物足りなくなるという事はあるでしょう。どうしてED治療薬を使いたくなるというのが男性の心理であるはずです。若い年齢で治療を始める人ほど、ED治療への費用の負担が大きくなるわけです。

そうなると、1錠の薬が高いよりは安い方が断然良いとなるわけです。長い付き合いになりながらも保険が使えないED治療薬は、海外からの個人輸入でジェネリックを使用すると、費用の面ではかなりセーブができます。

効果が同じ様に期待できて費用がセーブできるEDジェネリックの治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスともに、オンライン通販で扱われています。「ジェネリックは効かない」と、そのようなことを言う方も中にはいますが、ジェネリックの製薬会社としての経験と歴史の長いところで、正しく作られた製品は、正規品と何ら変らない効果があると評価されています。

ED治療が、数回の服用で終わるものでない以上、費用はどうしてもかかってしまうわけですが、ジェネリックの医薬品を使用して費用を抑える手段もあり、それは決して安かろう悪かろうではないという事を知っていただければと思います。


関連リンク