ホーム  > EDについて  > ED治療とは  > 大切な人の為にEDを改善

大切な人の為にEDを改善


baiagura-ed.png

中高年の男性が、勃起不全症(ED)になったとしても、今からちょっと昔の話なら、EDを改善しようとまでは思わなかった事でしょう。来る時が来たんだなと現実を受け入れる人が多かっただろうと想像がつきます。アメリカでさえ、専門家の話だと、ED治療に踏み切る人が、ED罹患者の2割にも満たなかったと言う事らしいです。

10人のうちの8人までがEDという現実を受け入れてきたと言う事になります。その理由の多くは、EDが簡単に治せるとは思っていなかったという事と、命にかかわる症状でもないからだったでしょう。手術をしてまでも治そうとは思わなかったと言う事ですね。でもできるなら、大切な人の為にEDを治したい、そう思う男性の心理に答えてくれたのが、ED改善及び治療薬なわけです。


今は1錠の薬がEDを改善する時代


治療を断念したり、治療に踏み切れないでいた男性たちも、今のように1錠の薬でEDの症状が改善されるとなれば、話は別。性生活を諦める必要はないわけです。生活が裕福になり、医療技術の発達などで寿命が長くなっている現代にあっては、ED治療を心配し始める男性の平均年齢であるといわれる45歳は、まだまだ人生半ば。EDを黙って受け入れるにはまだ早すぎる年齢です。大切なパートナーと過ごす熟年期、仲睦まじく充実した日々を過ごすのに性生活抜きでは、ちょっと寂しい気がします。そこで、ED治療薬の出番になるわけなのです。

1錠を服用すると、その後数時間にわたり血液の流れを改善し、勃起できるようにしてくれるバイアグラ(シルデナフィル)を始めとするED治療薬は、まさしく男性にとっての救い主のような存在。「1錠の薬を呑むだけでいいのですか」と薬が発売された当初は、疑いの目を持って見る人もいたと言います。それまでの苦痛を伴う治療方法からは、打って変わった簡単な方法であるため、信じられないと思う人がいたと言います。もちろん、これらの薬はEDを完治させるものではありませんが、必要にあわせてその都度服用を続ければ、実質EDと言う現実から、開放される事が可能なのです。


EDを改善するのは、自分の為だけではない


 EDを改善

男性の性欲には、定年はないのだと言いますね。50歳でも60歳でも、70歳になっても性欲は普通なくなりはしないのだと言います。ただ、体の方がそれについていかなくて勃起不全が起こりますね。気持ちがあるのに、大切な人を若い頃のように愛してあげる事ができないのは辛いものです。ED治療は、男性自身がするのではありますが、EDを治療すると言う事は、性生活が継続できるようになるということ。つまり裏を返せばそれは、大切な人の為なのです。

1錠の薬を服用するという方法で、治療ができるようになった今の時代は、EDを改善する事に躊躇する理由がどこにもありません。正規品の医薬品が高価で治療を続けるのが大変だとなれば、ジェネリック医薬品の選択手もあります。EDを治療しないままで暮らす日々と、EDから開放されて過ごす日々は、夫婦の関係においても何かの違いがあるはずです。大切な人の為にも、いつまでも若い頃のような現役でいれる、薬でそうできるのだから本当に素晴らしい事だと思います。

男性の皆様には、EDを治療したい気持ちを大切にしていただきたいと思います。その気持ちは自然なものだからです。決して自分の欲望を満たしたいといったセルフィッシュな動機からだけのものではないという事を知っていただきたいと思います。性生活は夫婦の関係を考える時に、切り離しては考えられない大切な一部。そこがうまくいってなかったら、普段の関係に何も影響がないとは言えないでしょう。EDを改善すると言う事は、大切な人、パートナーの為でもあるのだということに、誇りを持っていただきたいとそう思うのです。