ホーム  > EDについて  > ED治療薬について  > ED薬ジェネリックの長所と短所

ジェネリックED薬の長所と短所


ED薬には、アメリカファイザー社のバイアグラ(シルデナフィル)、ドイツのバイエル社のレビトラ、アメリカのイーライリリー社から出ているシアリスの3大ブランドがあります。どれもED治療効果がFDAから正式に認められた医薬品です。これらのブランド品、または、正規品と呼ばれるED薬には、またそれぞれジェネリック製品が存在します。ED薬ジェネリックを購入しようと考えている人は、ジェネリックED薬の長所と短所を理解してご購入いただくとよいかと思います。

* ed薬とは(コラム)


ED薬ジェネリックの品質


baiagura-ed_image

バイアグラにしろ、レビトらにしろ、シアリスにしろ、ジェネリックの場合は全てが同じ品質ではありません。ブランド品の品質は日本で扱われる薬も、アメリカで扱われる薬も、中国で扱われる薬も、すべて同じ会社が製造販売しています。基本的には、同じ品質、同じ効果がある事になります。販売国が違うからと品質が変る事はないことになりますが、ジェネリックの場合は違います。ジェネリックED薬の品質は、ジェネリックを製造する会社によって違ってきます。ということは、つまり、高品質のジェネリック薬もあれば、そうでないジェネリックのED薬も存在すると言う事なのです。

製造する側の倫理と言いましょうか、医薬品に限らずどんな製品でも、どのような理念を持って事業を進めているかで、出来上がる製品が違ってきます。ただ、利益だけを考えて少しでも安くたくさん製造しようとする会社と、顧客の事も考えながら、末永く利用していただきたいと思う気持ちで製造する会社では、出来上がりが違ってくるわけなのです。特に、医薬品の場合は、体に取り込むもの、健康に影響を与える品物です。価格よりも品質が何よりも一番大切ですが、ED薬ジェネリックは品質が製造元で定まっていないという短所があることを理解していただく必要があるわけなのです。注文する時は、信頼できる国で製造され、信頼できるルートで配送されるED薬ジェネリックである事を、確認するようにしましょう。


ジェネリックED薬の価格


ED薬ジェネリックはブランド品よりも大変割安です。半額からどうかすると7割以下の値段でも購入する事ができます。ED治療は、1回で終わる治療にはなりませんね。人によっては、何年も薬を呑み続ける事になります。性行為のたびに服用する薬ですから、毎日呑むというわけではありませんが、それでも週に1錠、2錠と服用する事になれば、1ヶ月、1年とその量は多く、ブランド品でわかっているように、1錠当たりが2千円近くする薬ですから、長期の治療には、経済的な負担がかかります。品質の良い、しかも低価格で購入できるED薬ジェネリックを使うなら、安心して負担を感じることなくED治療を続ける事ができるでしょう。出費がセーブできる、それがED薬ジェネリックの長所のひとつと言えます。

* オンラインで人気のEDジェネリックの種類


ジェネリックED薬の入手方法


ED薬ジェネリックは、日本国内ではまだ処方されていませんが、海外からの個人輸入代行で入手する事ができます。ただ、もうすぐ、日本でもジェネリックの製造販売が始まると言う事らしいですから、専門医の処方でED薬のジェネリックを手にする事ができるようになるのも、そう遠くない未来だと考えて良いでしょう。

ブランド品のED薬は国内での処方でも、海外からの通販でもどちらでも利用できますが、ED薬のジェネリックは、今のところは海外からの通販でのみ入手が可能です。ただ、ジェネリックの種類が豊富ですから、通販で、価格や品質を確認しながら、ご自分にあった品物を選ぶと言う事はできます。ED薬ジェネリックの入手方法は通販だけですが、決して難しくなく、誰にでもご利用いただける便利な方法です。


関連リンク