ホーム  > edについて  > ED治療とは  > ed治療について

ED治療について



EDとは?


ed治療

edとは、男性の性機能障害のひとつを指していう言葉、Erectile Dysfunctionの略で、陰茎が勃起しないとか、性行為を満足に行えるに足りる硬さにならないなどの陰茎の機能障害の事を言います。過去においては、edの症状を持つ男性のほとんどは、治療を受ける機会のないままであったと言われています。病気の箇所が箇所である事もあり、また、男性としてのプライドにも時にかかわってくる事でもあったりして、なかなか治療に踏み切れなかった現実があったからです。

EDの原因は主に3つのタイプ

EDの原因は主に3つのタイプに分類されています。

  1. 心理的な要因によるもの(心因性のぼっきふぜん)
  2. 神経系や血管系の障害が要因となるもの
    • 高齢によるいんぽてんつ
    • 一部の疾病に伴う勃起障害
    • 下半身周辺の外傷、手術、また神経系統の問題からのぼっきふぜん
  3. 特定の薬剤の服用が要因となるものです。

すべてのed患者はこの3つのタイプのいずれかに必ず当てはまります。心理的な要因となるものに、日常のストレスや不安さらには幼少期の体験や性的なトラウマなどがあります。例えば、パートナーの女性から「ダメな男ね」とか「この役立たず」とか言われ続けると、それがストレスになり性交の際に立たないということが起こるようです。次に挙げられる勃起障害の原因に神経系や血管系の障害というものがあります。神経系の場合は、脳内が興奮して勃起命令を出すものの、その信号が正常に神経系を通ってペニスに伝わらないという状態になります。

また神経系に問題がなくても血管に問題がある場合にもedの症状が現れます。ペニスが勃起するのは海綿体に大量の血液が流れ込むからですが、そのためにはそこの血管が広がらなければならないわけです。その時に、動脈効果などの症状が出ていると血管が硬くなり勃起状態になるまでに血液が海綿体に流れ込むことができずにedの状態になります。edの原因となる最後のものに、特定の薬剤の服用があります。代表的なものには抗うつ剤や降圧剤などがあります。edの原因となる薬剤は、インターネットで検索するとすぐに出てきますので、edの原因を探している方で薬を服用している場合は、まず薬に原因がないかどうかチェックしてみるのも良いでしょう。


EDの治療法は原因に応じていろいろと変わる?


edの治療法としては、Pfizer社のEd治療薬バイアグラ・レビトラ・シアリスなどを服用することで短期的には改善することができます。とはいえ原因が分かっている場合には、原因に応じた対処法を考えることは大切です。例えば、原因の1番目にあげた心理的な要因ですが、これも日々のライフスタイルを見直すことで少しずつ改善していくことも可能です。日常のストレスは、趣味を持つなどしてうまく発散させるようにしましょう。また普段からよく会話をするなどしてパートナーとの関係を良いものにしることも大切です。

そうすることで体だけでなく心も通じ合うような性交渉を行うことができるでしょう。2つ目の要因となっている神経系や血管系の障害や、また3つ目の薬剤の服用に関しては個人としてどうすることもできないことと思うかもしれませんが、実のところ対処することは可能です。それは、簡単に言うと生活習慣を改めるということです。適度な睡眠を取ること、適度な運動をすること、油っこい食事を控えること、酒やタバコの過剰な摂取は控えることなどです。もちろん一朝一夕でできることではありませんが、悪い生活習慣を改めると神経系や血管系の障害を改善することができ、悪影響を及ぼしていた薬から解放される可能性も出てきます。それで、まず自分のedの原因はどこにあるのかはっきりさせましょう。そして原因が分かったら、どうしたら改善できるか考えてそれを実行してみましょう。そうすることでいんぽてんつ治療品に頼らず、再び自然な勃起を経験することができるようになるかもしれません。

心因性ED(いんぽてんつ)の治療について

心因性のedと言う漢字を見たらわかる様に、edの原因には心の面、精神面が原因となる場合があります。若い男性が始めての本番の場面で緊張のあまりに失敗したり、全く勃起しなかったりする小説のストーリーや映画や漫画のシーンを思い出さないでしょうか。緊張するという心の働き方は、勃起にマイナス効果を与えるのであるという事がわかっています。ですから、例えば新婚初夜での失敗と言う話などは、緊張しすぎてと言う事で理解できます。また、一度過去に失敗して大変恥ずかしい思いを経験した男性が、普段は普通に勃起するのに、女性を前にした肝心の場面では、過去の苦い経験がフラッシュしてまた失敗するんじゃあないかとの緊張からedの症状が出てしまうケースなどは明らかに心因性のedになるわけです。バイアグラを飲んでいると言う自信も手伝って、バイアグラは以上の様な心因性の勃起障害にも効果がある事がわかっています。

器質性ED(いんぽてんつ)の治療について

心因性のedとは別の括りが器質性のed、体の機能や仕組みに問題があって起こるedの事です。器質性のedの原因となる他の持病や症状はいろいろでも、問題はそれらの病気などで起こる血管障害、血流問題がほとんどの場合edを引き起こす原因となっています。例えば、よく例に出されるのが糖尿病患者とedです。糖尿病になった患者さんの多くが血管障害を併発する事で、糖尿病はいつか遠くない未来にedになるという黄色信号だと言われるくらい、糖尿病患者とedには密接な関係があります。しかし、糖尿病を患ってこのかた数年間、性生活とはまったく縁がなかったという人が、バイアグラでedを克服しているケースもたくさんあります。この他に、喫煙もedを引き起こす原因のひとつに数えられています。飲酒や過食なども糖尿病同様にedを引き起こす原因になると言われています。高齢になると動脈硬化や、血管の老化が起こります。その様な事が原因で高齢になるとedが増えるのはある意味仕方ない事なのです。


ED治療薬とは


ed治療薬といっても、はたしてどの様な薬だろうと思うでしょう。患部に塗って治療するのか、毎日呑んで機能障害を治すのか、などと…。ここで扱うedを治療する医薬品は、服用薬です。この薬を1錠呑めば、呑んだ後の数時間edの症状がなくなると言うのです。それまでのed治療は、手術に頼るか、注射を続けるかといったもので、必ず医師の直接の診察が必要でしたから、それから考えれば、まるで魔法の様な薬です。

EDのジェネリック薬には、三大ED治療薬と同じ三大EDジェネリック治療薬があります。錠剤に含まれる有効成分で変わる薬の強さも通常ブランド品と同じです。例をあげれば、バイアグラの錠剤はブランド品が25mg、50mg、100mgとあるように、ジェネリックにも25mg、50mg、100mgの錠剤があるわけです。バイアグラの100mgはレビトラの20mg、シアリスの20mgと同等の効果があると言われます。

ED薬の種類

  • バイアグラ薬
  • シリアス薬
  • レビトラ薬
  • ジェネリックED治療薬
    • バイアグラのジェネリック、この薬はバイアグラと同じ有効成分、効果効能のあるジェネリック医薬品です。ED(勃起不全症)治療に使われます。詳細は=>ED治療薬バイアグラと効果が同じジェネリック薬
    • レビトラのジェネリック
    • シアリスのジェネリック
  • など

ブランド品の効果を確認済みの方は、ジェネリックも一度試してみてはどうでしょうか。同じ効き目がある事が確認できれば、EDのクスリの選択手は増えるわけです。ブランド品と同じ効果を低価格で購入できるジェネリックは、長い付き合いをする事にもなりえるED治療を経済的に節約できる手段でもあると言えるわけです。詳細は=>ED治療薬のジェネリックについて


EDに特効なバイアグラとは?


ご自分の勃起障害の症状にれびとらやバイアグラが効果があるのかは、一度EDクリニックで医師の診察を受ける事である程度予想はつくはずですが、本当の効果はやはり実際に使ってみてからわかるものです。ただ、edの原因によっては、さすがのバイアグラも効力を発揮できない場合があります。バイアグラを購入する前にご自身の症状を治療病院の医師に相談して、バイアグラで効果を得る事ができるかを確認する事は効果的な治療の為にも大切です。詳細は、ホームページ=>バイアグラとは?を見る。

ばいあぐらは、世界で始めての服用するいんぽてんつ治療に本当に効果がある薬です。勃起不全症の治療薬として、世界で始めて錠剤を服用する方法でEDに対応すると、大きな話題となった薬です。

バイアグラの効果及び効能について

バイアグラ(sildenafil citrate クエン酸シルデナフィル)は、PDE-V阻害作用を有する経口タイプの男性用Impotence障害治療薬です。この薬は当初、狭心症治療薬として開発されましたが、その副作用として勃起障害への効果が見られたことから、それを主な働きとするImpotence障害治療薬として開発が進められたとされています。バイアグラの効果は速やかに発揮されます。血管平滑筋を弛緩させることにより、陰茎への血流を増加させ、効果を発揮します。詳細は、=>バイアグラに期待できる効果とそうでない効果

バイアグラは処方箋薬

バイアグラは、処方箋がなければ購入できない日本では医師を訪ねて購入します。その時には、服用中の薬や、気になる症状、EDの経緯や症状などを先生の質問に答えながら、時には、触診などが必要な場合もあるかもしれないでしょう。とにかく、バイアグラでの治療が可能だとの判断がでれば、先生がバイアグラを処方してくれますが、日本で購入できるバイアグラは、アメリカのファイザー社製の2種類(50mg、25mg)の強さの薬となっています。

バイアグラは、海外から安い価格の通販で購入する事が可能

また、バイアグラは、海外から安い価格の通販で購入する事が可能です。海外で販売されるバイアグラを現地で購入、梱包して発送し、通関させお客様のお手元までお届けするのが、最近話題の海外個人輸入代行です。個人が海外でするお買い物を代行してくれるから、海外個人輸入代行なわけです。