ホーム  > EDについて  > ED治療薬について  > ED治療のばいあぐらとは

ED治療のばいあぐらとは


ばいあぐらは、男性の性機能障害のひとつ、勃起不全症の症状を改善または、治療する事ができる服用タイプのED治療薬です。アメリカの製薬会社ファイザー社によって、心臓病の治療を目的に開発、研究が進められていた成分シルデナフィルの副次的作用に男性の勃起を改善する効果があることがわかり、心臓病の治療薬ではなく勃起不全症の為の薬、性行為の前に服用するだけという画期的な働きをする薬として発売され話題となりました。英語名をViagraと書きます。

ED治療

ばいあぐらには、有効成分の含まれる量によって25mg、50mg、100mgの錠剤があります。錠剤の色がきれいな水色、形がひし形をしているところから、ブルーダイヤモンドとも呼ばれたりしています。また、男性の勃起不全症と言う普通はあまり思ってだった話題にはし辛い症状、男性の面目にも関わりえる症状を過去の治療法と比べた時に、行為の前に呑むだけでいとも簡単に治療することから、夢の薬などとも呼ばれたりする薬です。

このED治療薬を日本国内で購入するには、医師の処方箋が必要です。薬局などで販売はされておらず、入手する為には所定の医院を訪ねる必要があります。それ以外の入手方法に、海外からの個人輸入代行などの通販を利用する手段があります。この場合は、処方箋は必要ありません。

海外からの通販には、ブランド薬のバイアグラの外に、同じ有効成分を同様に含む薬、ジェネリックばいあぐらも扱われています。ジェネリックとは、新薬の特許期間が終了した後に、合法で他の会社によって同様に製造された同じ効果を持つ薬の総称です。通常、ブランド品よりもお手ごろな価格で入手する事ができます。

ばいあぐらの使用方法は、とても簡単、性行為の1時間前に1錠を服用するだけでOKです。薬は約1時間後から性的刺激に合わせて効果を発揮し通常4時間ほど薬の効果が持続します。この薬は、性欲があっても硬さが十分でない、中折れしてしまうなど十分な勃起を得る事ができず満足した性行為が出来ないとか、また、性行為自体を行う事が不可能であった症状を、血管を拡張させる事によって陰茎が勃起するために一番必要な血流を十分に確保して勃起をサポートします。

この薬の飲み方で注意する点は、空腹時に服用する事です。胃の中で食べたものと混ざると薬の効果がぐんと悪くなる事がわかっています。服用する時は、空腹時、もしくは、食後2〜3時間後の服用を心がけましょう。

ED治療薬とED治療についての基本的な解説を含んだED治療薬についてというコラムが紹介されています。読むとためになる記事の内容となっています。

女性の性欲減退や不感症を治療するための薬として、ばいあぐらと同様の有効成分シルデナフィルを含む女性用のバイアグラも通販を通して入手する事ができます。中高年以降の女性の性に対する悩みの多くが性欲の減退であると言われていますが、この薬は、そのような方たちにある程度のED治療の効果があることがわかっています。(※ばいあぐらは媚薬ではないので男性用も女性用の場合も、この薬に直接性欲を起こさせる作用はありません。)