バイアグラと同じ成分シルデナフィルの海外・アメリカジェネリックED薬製品をご紹介します。



バイアグラジェネリックの商品一覧

バイアグラジェネリック
全 8 件中 1-8 件目 
 
全 8 件中 1-8 件目 

バイアグラジェネリック


バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリックとは、普通、先に発売された新薬バイアグラの特許期間が切れた後に、他社例えば東和薬品が合法に同じ有効成分のシルデナフィルで薬を製造する場合のED治療薬の総称です。
バイアグラジェネリックは、つまりファイザー社ではない違う会社が、ファイザー社が確立した有効成分シルデナフィルの効果や安全性を踏まえて製造した、同様のシルデナフィルを持つ同様の薬と言う事になります。

基本的にバイアグラジェネリックの特徴は
・バイアグラではないバイアグラと同じ効果を持つ薬と言う事になります。
・ジェネリック医薬品はコストを抑えて生産する事ができるので、販売価格を先発の医薬品よりも安価に設定できる点です。


バイアグラは、現在では最も有名なED治療薬となっていますが、研究開発の段階では、狭心症への治療の為の薬でした。試験、研究を進める中で、本来の目的であったの効果は期待したほどあがらず、代わりにペニスを勃起させるという有効成分シルデナフィルの効果が認められる事がわかりました。言葉をかえるなら、バイアグラの発売は、偶然の発見から生まれた薬と言うことになるのです。


勃起不全(ED)で悩む男性達に希望。この偶然ともいえる発見が、世界中の悩む男性達にバイアグラを処方での希望を与える事になったのです。そして今では、バイアグラはEDを治療するお薬として抜群の効果を持つだけでなく、短時間で何度でも性行為を持つことを可能にする薬バイアグラとして世界中で知られるようになったのです。さらに、最近では新薬と同じ高品質そして低価格であるバイアグラジェネリックの販売も登場しました。
ジェネリックは、新薬が持つ効果を同様に持ちながら、価格の面では割安になっている薬であるわけで、日本でバイアグラの処方で購入可能な代表的なバイアグラジェネリックは「シルデナフィルOD錠」です。


ジェネリック薬とは

ジェネリック薬とは

新薬が製薬会社によって開発され、販売許可を得て市場に出るまでには、数年から十数年の歳月と、何回もの臨床試験や検査など、そこに投資される金額は生半可なものではありません。ひとつの薬が誕生するのは簡単ではないと言う事は大体想像がつきはしますが、そこにどれだけの費用が費やされているのかは、計り知れません。そのようにして、市場に登場した新しい薬の事を新薬とも言いますが、この新しい薬はまたの名をブランド品、先発医薬品とも呼びます。そして、これに対する後発医薬品がジェネリックです。
厚生労働省によると、新薬を真似て作っているからといって、ジェネリック医薬品は違法なのではありません。ジェネリックは、海外では医療保険で日本では処方箋薬局で紹介する薬と知られている。
正々堂々と市場で販売されている成分の有効性が確保された高品質の医薬品です。管理のきちんとした環境で、正しく製造され、正規のルートで販売されているジェネリックは、品質も効果新薬に劣らない安全性が優れた低価格の医薬品であると言ってよいでしょう。


効果について

効果について

バイアグラと同じ効果をバイアグラジェネリックも実現します。
シルデナフィルはバイアグラジェネリックの有効成分として男性に性的な刺激がある場合、細胞内で酸化窒素が上昇し、環状グアノシン一リン酸(cGMP)の体内で発散してペニス周辺の筋肉が伸展、血流循環が上昇で勃起します。同時に、このような作用を妨害するPDE-5酵素が強力に作用するものとして、勃起を抑制することです。血管拡張剤なPDE-5酵素阻害薬シルデナフィルは、このPDE-5酵素の作用を妨害して、体の状態が継続的な勃起状態が保たれるように作用します。バイアグラの有効成分クエン酸シルデナフィルは、 体内で血流循環を拡散させるので、血行を改善させます。

神経伝達物質物な環状グアノシン一リン酸(cGMP)は、血管を拡張させます。 男性が性的刺激を受けると、脳から酸化窒素が発散されていきます。これは血管を拡張させる環状グアノシン一リン酸を作ります。環状グアノシン一リン酸は平滑筋を弛緩させて、血液が海綿体組織を満たしながら、ペニスを硬くします。つまり勃起状態を作ります。男性が勃起しない状態はこの時にPDE-5酵素が作用して環状グアノシン一リン酸の濃度を低下させる状態をいいます。

性欲を起す成分は含まれていません

有効成分シルデナフィルに性欲を起す成分は含まれていません。ED症状の原因となるPDE-5酵素を阻害して環状グアノシン一リン酸を活性化させて結果的に陰茎への血流を増加させペニスに血の巡りを改善で強い勃起をサポートする薬です。性欲の向上を希望する方は販売されているバイアグラと一緒に精力剤・性欲増大剤・媚薬などの使用も参考にしてください。


飲み方

飲み方

バイアグラジェネリックは性行為の前に服用する薬である事は知られていますが、どのくらい前に飲めばいいのか服用のタイミングと方法が大切です。正しい服用方法を調べてみましょう。

服用のタイミングに関して
シルデナフィルは、服用した時に胃の中で胃の内容物と混ざってしまうと、体への吸収がグンと悪くなる事がわかっています。ですから、シルデナフィルは、服用した時に胃の中で胃の内容物と混ざってしまうと、体への吸収がグンと悪くなる事がわかっています。ですから、可能であれば、空腹時の服用が最も求められるわけです。 体の中の血液中に服用後約30分後で吸収されます。
食後に服用しなければならないとなったら、食後3時間は開けてから服用するようにすることです。これは、お腹の中の内容物がおおよそ消化されてしまうのが3時間かかると言う事からきた数字です。食事の内容によっては、この数字は多少前後することもあります。おかゆや、湯豆腐、そばや味噌汁といった消化の良い軽い食事、和風の油を使っていないメニューなら消化が早いですから、もう少し早い時点での服用が可能にはなるかと思います。

アルコール・お酒に関して
基本的にはアルコールを飲んでも、何を食べても薬の効果に影響はない事になります。ただし、たくさんのお酒は考えものです。程度の過ぎた飲酒は、血管拡張作用で血の巡りがよくなった体を更に過剰に反応させる事も考えられます。バイアグラの効果がある時間にアルコールをいただく時は、軽くひっかける程度に抑えておきたいところです。
バイアグラジェネリックの服用は24時間に1錠と定められています。必要な状況が毎日のようにおとずれる人は、24時間以上間隔をおいて25・50・100mgから選択して毎日服用する事は可能です。ピルカッターの使用も可能です。また、ED予防の為に、シルデナフィルの小さな錠剤、25・50mgのものを成人男性が毎日服用する治療方法も、海外では医師の手によって施される場合があると聞いています。ご本人の体調に合わせて、問題なければ毎日の服用も可能だという事です。


併用禁忌薬と副作用とは

併用禁忌薬と副作用

副作用について
シルデナフィルは体内に取り込まれると、血管の緊張を緩め、つまり血管が拡張し広くなります。その中を流れる血液は当然一度に多くの量が流れますから、簡単に言えば血の巡りがよくなっている状態です。血の巡りがよくなれば例えば、お風呂上りにそうであるように・顔がほてったり・目の充血・頭痛・動悸・鼻づまり・のぼせた感じを受ける事が副作用になる場合があります。副作用としてあげられるものは、この血流が改善される事で感じられる症状がほとんどです。
上記の症状以外に、副作用として報告されているのが、視覚変調です。これは、「ものが青っぽく見える。」といったものですが、この症状が出るのはごく稀です。
バイアグラは、狭心症の治療薬として開発が進んでいたと言う事から分かるように、心臓疾患をお持ちの方、高血圧や低血圧で治療中の方も服用に注意が必要です。顕著な視覚変調の場合は非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)の可能性があるため、専門医と相談してください。

併用禁忌薬について
特定の薬と相互作用する場合がありますので、併用中の薬や、病気の症状などによっては、使用できない場合があります。
硝酸塩(ニトログリセリン)を含む医薬品を服用している方はこの薬を使用することは出来ません。併用した場合、細胞内cGMP濃度が増加し、血圧を低下させ過ぎる危険性があります。必ず専門医や病院にご相談ください。また、抗生物質のエリスロマイシンや塩酸アミオダロン製剤や真菌感染症の治療薬や慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬などの薬を飲んでいる人は必ず注意が必要です。医師にご相談ください。


価格

価格

上記のリンクをクリックすると、販売しているバイアグラとバイアグラジェネリックなどの価格を比較確認することができます。

バイアグラジェネリックの価格
先発薬と比べて50%以上の安い価格にバイアグラジェネリックを販売しています。