バイアグラの成分に早漏予防の成分を加えたED治療薬

バイアグラ 早漏防止 (スポグラ 100mg)

商品コード:ITEM-006981   メーカー:CIPLA DOC   出荷国: アメリカ   製品: アメリカ販売製品   送料無料

バイアグラ 早漏防止 (スポグラ 100mg)
※写真はイメージです。実際にお届けする物と外観が異なる可能性があります。
パートナーとの数分間のタイミングのずれを解消します!

バイアグラの勃起不全症の治療効果に合わせて、早漏(PE)防止効果が一緒に期待できる薬効があります。強く長時間にわたる勃起力が期待できます。

一般的な早漏の定義である2分に当てはまらない方でも、パートナーの求めに応じることができなければ違った意味での早漏と言えるかもしれません。二人の間の数分間の時間のずれは無視できない問題のはずです。この薬で今まで解決できなかった部分を解消しませんか?
サイズ(全6種類)   価格      数量
スポグラ 100mg 5錠
¥20,500 
スポグラ 100mg 10錠
¥28,900 
スポグラ 100mg 15錠
¥39,900 
スポグラ 100mg 20錠
¥52,400 
スポグラ 100mg 30錠
¥73,800 
スポグラ 100mg 30錠
 スペシャル ディスカウント5000円!
¥68,800 

バイアグラ&早漏防止のダブル薬効

バイアグラと早漏防止、この夢のような組み合わせ効果の薬がスポグラです。勃起不全症を改善してしかも、長い勃起が維持できるようにする有効成分を配合しました。パートナーとの大切な時間をこの薬がより充実したものにしてくれるでしょう。

こんな方にお薦めしています。

■パートナーとの時間のずれを感じておられる方、
■年齢に関係なくいつまでも若々しくありたい方、

早漏の悩みをお持ちの方は実はかなりいらっしゃいます。一般的な早漏の定義である2分に当てはまらない方でも、パートナーの求めに応じることができなければ違った意味での早漏と言えるかもしれません。二人の間の数分間の時間のずれは無視できない問題のはずです。この薬で今まで解決できなかった部分を解消しませんか?

一度お試しください。きっとご満足いただけるはずです。

軽視できない早漏の問題…

一般的に早漏と呼ばれる範囲に入る方以外にも、ストレスや加齢などによるもの、またパートナーとタイミングが合わないなどでこの早漏の部分で悩む方がかなりいらっしゃいます。熟年カップルの場合、女性は中年期を過ぎると性欲が薄れ、感じ方も遅くなる傾向にあります。反対に男性は年齢を重ねるに従って持続力が弱まる傾向にありますから、二人のタイミングにはっきりとずれが生じてきます。このずれがパートナーとの絆になんらかの支障をきたすことも十分考えられるわけです。いつまでも仲の良い、人が羨むような夫婦でありたいと思う時、大切な時間の(数分の)タイミングのずれは軽視できない問題です。

成分名/剤型/利用できる方

クエン酸シルデナフィル100mg、ダボキセチン60mg/タブレット/成人男性

使用方法

1回1錠を性行為の1時間前に服用します。次の服用までには24時間以上あけてください。
食後すぐの服用ですと効果が十分にでないことが考えられます。食後2時間以上時間をあけてからの服用をお薦めします。

早漏防止効果のある成分・ダボキセチン

ダボキセチンは脳内物質のセロトニンを増す働きをすることで興奮を鎮める効果があります。気持ちの高ぶりを遅らせることで射精までの時間を延ばすわけです。敏感すぎる感覚をブロックすることができるのです。薬の成分は効果を発揮した後短時間で速やかに体外に排泄されます。

血流を増大させて力強い勃起を実現・シルデナフィル

バイアグラの有効成分でもあるシルデナフィルが、陰茎周辺の血管を弛緩させ陰茎への血流を増大させることで逞しい勃起をサポートしてくれます。

早漏防止に対する効果

薬の効果には個人差がありますが、アメリカで12週間にわたって行われた臨床試験の結果によると、ダボキセチン60mgの使用で射精までの時間が平均で3分以上延びたことがわかっています。

勃起不全に対する効果

バイアグラと同様に服用後1時間で効果を実感できます。効果持続時間はおよそ4〜5時間です。性的な刺激にあわせて薬の効き目が現れます。

併用禁忌薬

硝酸塩を含む薬を使用中の方は、この薬を使用することができません。
※ここに掲載した情報は、この製品のすべての説明ではありません。更に詳しい事は医師や専門家とご相談になり、十分な知識を得た上で服用してください。ご購入される方ご本人の責任で服用していただくことになります。予めご了承ください。

副作用と注意事項

頭痛、消化不良、ほてり、鼻詰まりなどの軽い副作用のでる場合があります。
心臓疾患の治療中の方、心臓疾患をお持ちの方はこの薬を使用できません。
服用中の薬のある方、肝臓、腎臓などの疾患など気になる症状のある方、高血圧、低血圧をお持ちの方は医師にご相談ください。