メリディアと100%同じ有効成分、薬効

メリディア ジェネリック (シブトラミン)

商品コード:ITEM-006826   メーカー:CIPLA DOC   出荷国: アメリカ   製品: アメリカ販売製品   送料無料

メリディア ジェネリック (シブトラミン)
※写真はイメージです。実際にお届けする物と外観が異なる可能性があります。
メリディアジェネリックはメリディアと100%同じ有効成分、薬効・副作用を含有するダイエット医薬品です。メリディアは FDA(米国食品医薬品局)に認可された経口処方箋薬で、減量や減量後の体重維持など、肥満の治療に使用されます。

[メリディアジェネリックはどう作用するのですか?]

メリディアジェネリックは、脳の食欲統制中枢に影響を与えることで作用します。肥満の人々を対象にした医学研究では、この薬をカロリーを抑えた食事と共に摂取した場合、著しい減量が確認されました。

[どれくらいの期間で効果が出ますか?]

効果には個人差があります。服用を始めて1カ月で2 kg以上減量する人もいます。減量効果を得られる人のほとんどは、服用開始して最初の6カ月で減量します。研究によると、メリディアジェネリックで減量し、さらにこの製品の服用を続けた人は、減量後の体重を維持したということです。 (*服用開始1カ月後の減量効果が2kg未満の場合は、医師に相談してください。医師が状況を再評価し、用量を変えることもあります)

[メリディアジェネリックの服用に適しているのはどんな人ですか?]

この製品は、減量前の肥満度指数(BMI)が30以上の肥満の人、あるいは高血圧、糖尿病、高コレステロールなどのリスクがある肥満度 指数が27以上の肥満の人に薦められています。

[メリディアジェネリックの服用開始後も医師の診察を受ける必要はありますか?]

減量するにつれ、医師が体重の推移や減量後の全般的な健康を観察できるよう、定期的に医師の診察を受ける必要があります。
サイズ(全3種類)   価格      数量
メリディア ジェネリック (シブトラミン) 15mg 30錠
¥33,800 
メリディア ジェネリック (シブトラミン) 15mg 60錠
¥64,600 
メリディア ジェネリック (シブトラミン) 15mg 90錠
¥95,400 

製品の大分類

ジェネリック医薬品

製品の効果と効能分類

ダイエット薬

成分名

Sibutamine Hydrochloride

使用方法、注意事項及び併用してはいけない薬説明

この製品は空腹時でも食後でも、いつ服用してもかまいません。 通常、シブトラミンUSAを1日1カプセル服用するよう指示されますが、服用法および服用時間については、医師の指示に従ってください。
*注意事項:
他の薬品を併用する場合は必ず医師に相談してください。この薬に関する詳細な副作用はかかりつけの医師、薬剤師によく相談の上、体調に変化があった場合はすぐに連絡し、指示を受けてください。自己責任と医師の指導に基づいて服用してください。

以下のいずれかに当てはまる人はこの薬を服用しないでください。

・高血圧の人。(メリディアあるいはシブトラミンの服用によって血圧がかなり上がる人がいます)
・鬱病、パーキンャ燈aなどに処方されるモノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)と呼ばれる処方薬を服用している人(例:Eldepryl,Parnate,Nardil など)。
・脳に作用する他の減量医薬品(例:Phentermine)を服用中の人。(非処方箋薬や漢方薬なども含みます)
・メリディアあるいはシブトラミンに対して過去にアレルギーが出たことがある人。
・冠動脈疾患と診断された人、狭心症の人。
・不整脈のある人。
・心臓発作を起こしたことがある人。
・鬱血性心不全と診断された人。
・重篤な肝臓疾患あるいは腎臓疾患のある人。
・脳卒中あるいは一過性脳虚血発作を起こしたことがある人。
・妊娠中あるいは妊娠の嵐閧ェある人。
・授乳中の人。
・拒食症の人。
・鬱病の処方箋薬を服用中の人。
・発作、痙攣、ひきつけ、癲癇を起こしたことがある人。v ・狭隅角緑内障(閉塞隅角緑内障)と呼ばれる目の疾患がある人。
・16歳未満の人。
・脳内の神経伝達物質セロトニンを統制する他の医薬品(例:プロザック(Prozac)、ゾロフト(Zoloft)、エフェクメル(Effexor)、ルボックス(Luvox)、パキシル(Paxil)などを服用している人。

・過敏反応が起こったら使用(または服用)を中止してください。
・子供の手の届かないところへ置いてください。
*併用してはいけない薬:
他の薬品を併用する場合は必ず医師に相談してください。

モノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)と呼ばれる処方箋薬を服用している場合は、メリディアジェネリックを服用できません。

鬱病やパーキンソン病の治療に時々使われるモノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)(例:Eldepryl,Nardil,Parnateなど)を服用している場合は、その旨を医師に必ず伝え、伝わっていることを確認してください。メリディアジェネリックとモノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)を同時に服用すると、重篤な、時には命に関わる相互作用が起こりうるので、医師に必ず 伝えるようにしてください。

現在モノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)を服用している場合は、メリディアジェネリックの服用を開始する前に、最低でも丸2週間はモノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)の服用を止めるように指示されます。

同様に、現在メリディアジェネリックを服用している場合は、モノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)の服用を開始する前に、最低でも丸2週間はモノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)の服用を止めるように指示されます。

脳に作用する他の減量薬(処方薬、非処方箋薬、漢方薬すべてが含まれます。例:phentermine)を服用している場合は、メリディアジェネリックは服用しないでください。

薬局で購入できる咳止め薬や風邪薬の多くには、抗アレルギー薬や消炎剤の一部と同じく、血圧や心拍数を上昇させるフェニルプロパノラミン、エフェドリン、偽エフェドリン(プャCドエフェドリン)といった成分(製品)が含まれています。シブトラミンをすでに服用している場合は、上記の製品を服用してもいいか医師に相談してください。メリディアジェネリックと相互作用のない咳止め薬、風邪薬、消炎剤、抗アレルギー薬をアドバイスしてくれます。