ホーム  > シアリスジェネリック  > シアリスジェネリックには食事影響による効果の変化はある?

シアリスジェネリックには食事影響による効果の変化はある?


数多くあるEDのジェネリック医薬品の中で最も食事による影響が少ないと言われているのがシアリスジェネリックです。シアリスの製造元であるイライリリー社の発表によると、食事を800kcalまでに抑えたら、効果に影響は出ないとしています。800 kcalがどれほどかの目安として例を挙げるとビッグマックが557 kcal、長崎ちゃんぽんが632 kcal、吉野家の牛丼並が669 kcal、カレーハウスCoCo壱番屋のポークカレーが755 kcalといった感じです。シアリスジェネリックもシアリスと同じ有効成分タダラフィルが配合されていますので、800kcalまでであれば食事しても効果に影響はないと考えられます。

バイアグラの場合は食事と併用することで効果が半減してしまったり、食事の影響を受け難くなっているレビトラでも食事をあっさりしたものに抑えておかなければならないのに対して、シアリスジェネリックはある程度食事をしても効果が現れるというメリットがあります。ただ、シアリスも他のED治療薬と同じように空腹時または食後2時間ほどしてから服用することがメーカーから勧められていますので、確実に効果を得たい場合には指示に従う方が良いでしょう。


シアリスジェネリックの食事の影響について注意すべきポイント


効果をしっかりと得るためには食事影響を抑える仕方で服用していくことが大切になります。シアリスジェネリックは空腹時もしくは食後2時間ほど経っていたら服用しても問題ないこと、800 kcal以下の食事であれば併用もできるということを紹介しましたが、他にもシアリスジェネリックの効果を食事影響によって損なわないようにするために注意すべき点はあります。それは、シアリスジェネリックの効果が発揮されるまで人またはその時の体調によって1〜4時間ほど幅があるということです。

それで、初めてシアリスジェネリックを服用する際には、大体どれほどの時間が経過すると自分の中で効果が現れてくるかを確認しておくと良いでしょう。もし1時間ほどで効果が現れてくるということが分かっているのであれば、性交渉を始める1時間前に服用できますので食後でも問題ないかもしれません。しかし、効果が出るまでに時間がかかる場合はそうはいきません。食事の前に服用しておかなければ性交渉しようと思ったときにまだまだ効果が現れないということが起きてしまいかねません。それで、効果が現れるまでの時間を知っておくことで、食事影響によってシアリスジェネリックの効果が軽減されないように調整することができるでしょう。

* シアリス効果は服用後の効き目持続時間内であれば常に同じ?


シアリスジェネリックは食事影響が出ず、長時間効果が持続する最高のED薬


シアリスジェネリックは食事影響をあまり受けずにED症状を改善する効果が出るということが最大の特徴という訳ではありません。この特徴もバイアグラやレビトラよりも優れている点ということができますが、なんといっても最大の特徴はシアリスジェネリック10mgで24時間、20mgで36時間効果が持続するという点でしょう。バイアグラが5時間、レビトラでも最大で10時間しか効果が持続しないということを考えると、圧倒的な差があることが分かります。

また、ほてりなどの副作用の出方も弱めであるというポイントも、身体にあまり負担を掛けたくないと考えている中年の男性から支持されている理由のひとつだと思われます。シアリスジェネリックは食事影響による効果の軽減が薄いこと、そして効果が最大で36時間継続するといったメリットゆえに現在世界で最も販売数が多く最高のED薬と呼ばれています。