ホーム  > シアリス  > シアリス錠の種類

シアリス錠の種類



シアリス錠について


baiagura-ed.png

シアリスの錠剤は、肌色をした水滴を横にした様な形をしています。錠剤の片面にはCialisと薬の名前が刻まれています。バイアグラの場合は、有効成分が100mg含まれた錠剤もありますが、シアリスの場合は、20mgがバイアグラの100mgに匹敵する効果の薬であると言われています。

シアリスジェネリックはシアリスの錠剤とはデザインが違っていなければなりません。シアリスジェネリックを購入した時に、手元に届いた錠剤のデザインがシアリスの錠剤とは違っているのが当然なのです。もし、シアリスジェネリックの錠剤のデザインがシアリスと同じであったとしたら、それはジェネリックではなくシアリスを真似て作った偽造品と言う事になってしまいます。


シアリスの錠剤について


ジェネリックシアリスは、ブランド品シアリスと同様に有効成分タダラフィルを20mg、10mg含む錠剤が主にED治療に使われます。稀に、製造元によっては、シアリスジェネリックの20mgよりも大きな錠剤があるような事を耳にする事がありますが、通常は、20mgの錠剤でほとんどの方が十分な治療効果を得る事ができるはずです。また、2.5mgと5mgの錠剤は通常は、ED予防や前立腺肥大の治療薬として使用されることが多いようで、ですから、ED治療のためのシアリスのジェネリックを個人輸入代行で請け負う会社によっては、10mg、20mgしかもっていない場合も多い様です。


シアリスのジェネリックの錠剤の種類について


  • シアリスジェネリック20mg錠・・・成分「タダラフィル」が20mg含まれている
  • シアリスジェネリック10mg錠・・・成分「タダラフィル」が10mg含まれている
  • シアリスジェネリック5mg錠・・・成分「タダラフィル」が5mg含まれている
  • シアリスジェネリック2.5mg錠・・・成分「タダラフィル」が2.5mg含まれている

上記の中で4種類の錠剤をあげましたが、通常はブランド品の基準に基づいて作られるジェネリック薬ですから、イーライリリー社のシアリスと同じ4種類を紹介していますが、ジェネリック薬の製造元によっては、含まれる有効成分量に違いがある場合いも考えられます。実際には確認した事はありませんが、例えば、ジェネリックシアリスの30mgだとか40mgだとかが存在する事もありえるというわけです。ただ、シアリスの場合、20mgの錠剤がバイアグラでいうなら100mgの錠剤の効果に等しいとの事で、まず、シアリスのジェネリックの20mgであれば、ほとんどの人が薬の効果に満足するのではないかと思います。

参考までに、ジェネリックシアリスの製造元によっては5mgと2.5mgの錠剤を作っていないところもありますので理解しましょう。なぜならば、健全な成人男性が、通常ED治療目的で使用するのは10mgか20mgのシアリスだからです。アメリカでは、5mgと2.5mgの錠剤は、ED予防の為に別途処方される事が多い様です。

シアリスジェネリックのED治療効果や、使用方法、副作用についてや、服用するときに注意する事など、全てブランド品のシアリスに準じます。同一の薬ではないけれど、同じ働きをするといった点で同じ薬ととらえてよいわけです。

シアリスを使った事がある人がシアリスのジェネリックを使う場合は、同じ強さの錠剤を求めれば、同じ効果が期待できるわけです。含まれる有効成分がEDの症状を治療するのですから、有効成分量が同じであれば当然、効果も同じと言う事になるわけです。


シアリスの錠剤の入手方法は


日本に暮らす人がシアリスとシアリスのジェネリックを購入したい時は、どこに行けばよいのでしょうか。日本ではジェネリックシアリスの販売はされていませんので、海外から購入する事になります。ブランド品のシアリスのように、海外個人輸入を通して個人で購入する事が可能です。

インターネット上で、シアリスとジェネリックシアリスを検索して出てくるお店の中から、これぞと思うお店を決めて注文します。商品の発送国、お店の連絡先の明記、サイトの丁寧な作りや、必要な情報が漏れなく記載されているかなど、よく確認したうえで決めます。アメリカ発の医薬品の品質は全てにおいて高品質であるとの評価をされていますので、参考にしてください。


関連リンク