ホーム  > シアリス  > シアリスの服用方法  > シアリスは、食事からの制限を受けない薬

シアリスは、食事からの制限を受けない薬


baiagura-ed.png

医薬品を使用する時は、その薬がどんな病気に効く薬であったとしても、ただの熱さましであったとしても、その効果を有効にするためには、服用方法を厳守する事が最も大切になります。男性のEDを治療する薬イーライリリー社のシアリスにしても然りです。誰もが知っているそんな当たり前のことを、ここで今さら何ももったいぶって取り上げる事はないと思いますが、人間というのは気が緩むと言う事があります。

シアリスを使い始めた最初の頃は、毎回のように使用方法を確認し、注意深く1錠1錠を服用していた方も、何回か使って行くうちに、緊張も解けて知らないうちに使用方法を間違っていたり、注意するべきことを注意しなかったりする事が割合よくあると言います。

シアリスは長い治療効果が自他ともに認められるEDの薬。先に通販販売が始まったバイアグラやレビトラの単に時間で見たならば、7倍〜8倍の長さの効果が期待できる薬です。そのシアリスをもっとも有効的に使うためには、先にも述べたように正しい服用が必要になります。最初の頃はよく効いていたのに、最近シアリスを呑んでも最初の頃のように効かないなと感じることが時々ある・・・と思っている人は、もう一度薬の服用方法、注意事項などを違えていないかを確認するといいかもしれません。

シアリスは、食事からの制限が他のED薬に比べると最も抑えられている薬ですね。他の薬で食事の時間とのタイミングに苦労した人には、シアリスはとても使いやすい薬となった事と思います。でも、本当にまったく食事の影響を受けないかと言い切れるかというと、やはりそこら辺は微妙になってくるはず。

私たちは日頃でも、食事の食べあわせで体調が変る事があるように、食事の内容によって、シアリスの効果や効果持続時間にいくらかの影響があるものだと考える方が妥当でしょう。消化し易い、さっぱりメニューを取ったすぐあとにシアリスを取った時と、ステーキやてんぷらをお腹いっぱい食べたすぐあとにシアリスを取った時では、効果に差が全くないと考えるのには、やはり無理があるでしょう。

シアリスは空腹時の服用である必要のない薬ではありますが、できれば、やはり可能ならば、動けないほど満腹の状態、意識が朦朧とするくらいお酒が入った状態での服用は、より良い効果を得るためには避ける方が良いのははっきりしています。食事を取ってしばらくしてから服用した時に、効果がいつもより長く続くという事も十分考えられるのでは。食事制限のないシアリスではありますが、人によっては、また状況によっては、食事を考えながら服用する事が効果を高める事につながり得るというわけです。


関連リンク