ホーム  > シアリスジェネリック  > シアリスジェネリックの効果は最長で36時間

シアリスのジェネリックの効果効能の時間について


シアリスジェネリックの薬の利き目は、個人差がありはしますが、最長は36時間と言われています。36時間という事は、1日半ということですが、1日半も効果が続いてどうするのだろうと思われるかもしれませんね。それはそうです。夕方1錠呑んで次の日は会社に勤めに出かけるなどするのであれば、会社に出勤している間は、普通薬の効果を必要とする状況にはなりません。1日半も効果が続く必要はないわけです。夜の時間に薬の効目を確認できれば、それで十分役割を果たした事になるのです。

icon_arrow ジェネリックシアリスの効果は最長で36時間

image_305

でも、休日や週末をはさんでシアリスジェネリックを使用する場合なら、どうでしょうか。例えば、金曜日の夕方1錠を服用すれば、その効能効果が土曜日中、どうかすると日曜日の朝まで続くという事になります。週末は、一日中パートナーと一緒に過ごす事もよくあるでしょう。夫婦で始終時間を共にする休暇などは、いつでも効果があって、どんなタイミングにも対応できるところが、大変有効な薬であるといえます。朝の寝起きや、午後のくつろいだ時間などに気持ちが高ぶれば、自然に体が対応してくれるわけです。薬が効いてない時間だからと、あたふたする事がなくなりますね。シアリスがウィークエンドピルの別名をもらっている理由がこんなところにあるわけです。

icon_arrow ED薬のジェネリック中もっとも効果が長い

istorejapan.biz/details/6786

バイアグラの効果持続時間は、約3時間から4時間、レビトラの場合は4時間から5時間くらいが平均のようです。1錠の薬を性行為の前に服用し効き目を見るという同じ仕組みの薬ですから、効果持続時間が長ければ、1錠あたりで出来る性行為の回数なども当然違ってくるでしょうし、ちょっと現実的な考え方ではありますが、行為1回当たりにかかる薬の代金を考えるなら、シアリスジェネリックを使用した場合の方が、お得という事になるのでしょうか。

* バイエル社のEDを治療する薬、販売

これは、もちろんシアリスのジェネリックの長い効果を十分に活用した場合の話です。とにかく、ED治療薬の中で、ずば抜けて効果持続時間が長いのがタダラフィルを有効成分に含むシアリスジェネリックです。

icon_arrow シアリスジェネリックは寝起きにも大丈夫なED薬

ある日の夜、ED治療薬を呑んだとしましょう。その夜は、薬の効能効果を十分味わって満足したとします。次ぎの日は、遅番の勤めなので朝がゆっくりで良かったとしましょう。十分に休んで目覚めた朝は、何となく体の中に力がみなぎる感じがよくありますね。横に休んでいる奥さんを誘ってみたくなる、そんな事もあるはずです。その時に、あっと気付く事がありますね。そうです。薬の効果がすでに切れてしまっているということなのです。そう、気持ちはあっても伴ってくるものがなく、残念ながらあきらめるしかないわけです。それか、自力で頑張ってみることになるわけです。シアリスジェネリックを服用したのであれば、前夜に呑んだ1錠の薬の効力が翌朝もしっかり残っていますから、こんな状況にも、全く躊躇することなく対応できるというわけなのです。

icon_arrow オンライン通販の人気

1錠の薬で24時間以上と言うシアリスジェネリックの効果は有名ですね。食事の時間や性行為の時間にそこまで縛られないでも大丈夫な薬、その為、飲み方も他の薬ほど制約がありません。処方箋薬であるシアリスジェネリックは輸入代行という形で日本国内からでも個人での入手が可能になります。

* 輸入代行の通販でもシアリス(cialis)を購入できる?

オンラインを使った購入方法は、日本国内で医師の処方を受ける方法よりも色々な点で便利である事から、多くの方が利用していますが、その理由として特に、ジェネリックを利用する事で、価格が日本国内で購入するよりも格安になる事が、オンライン通販人気の一因となっているようです。ジェネリックバイアグラがオンラインで普及しているのと同様だというわけです。

icon_arrow 関連コラム