ホーム  > シアリスジェネリック  > タダラフィル  > タダラフィルの新薬特許について

タダラフィルの新薬特許について


タダラフィルの価格

なぜ、タダラフィルの様な、小さな薬の価格がこんなに高いのでしょうか。それは、それだけの投資がされているから高いと言う答えになるわけです。新薬をひとつ開発するのに、数年から数十年の期間が費やされると言います。そこには、時間だけがかけられたのではなく、失敗を繰り返しながら何度も行なわれる研究にかかる費用、それに伴う人件費、実際に患者さんに使用して、その効果や安全性、副作用を調べる臨床試験は、1日2日で終わる簡単なものではありません。国の規定をパスする為の努力も払われます。

これらのかけられた費用が、新薬の発売と共に、利益としてその会社に還元されなければなりません。もし、その研究結果を使って同じものを他の会社が、同時に販売したとしましょう。新薬を開発した会社に戻ってくる利益が分散してしまう事になります。医薬品会社が新薬を開発するのは、大切な役割です。その為にかけられた費用は、きっちり取り戻され、次の研究に支障がないようにしなければなりません。また、新薬の薬の効果と安全性の確証を得るためにも、ひとつのカンパニーがある一定の期間、独占販売する事は大切です。新薬の特許には、いろいろな理由があるのであり、新薬が高い値段で販売されるのにも、この様な正当な利用があるわけです。タダラフィルが安い薬でない事が、ご理解いただけたと思います。

ただ、この新薬の特許に関しては、国境を越えるとその法が力を持たなくなると言う場合があります。例えば、アメリカで、新薬特許期間が切れる前に、アメリカにある他の会社が、同じ成分の含まれた製品を製造販売すると違法になりますが、インドなどの新薬特許の法が成立していない国で、同じ成分を使って製品を製造しても違法にならないとなるのです。つまり、新薬の特許に関しては、国ごとに、扱いが違ってくるのです。アメリカではブランド品シアリスしかないタダラフィルも、海外に出れば、後発医薬品であるジェネリックのシアリス、一般名タダラフィルで呼ばれる薬が、存在すると言う事になるのです。それらの薬は、ブランド品よりも、価格が何割も安くなっています。そして、それは、違法ではないわけです。

上記で説明した、これらの製品が、海外個人輸入などで販売されているタダラフィルとなるわけです。ジェネリックと聞くと、本物ではない、まがい物といった、捉えかたをする人が今でもいらっしゃいます。ジェネリック医薬品は、正式な薬として、保険料の節約などにもつながります。医療費の高いアメリカなどでは、医薬品が並ぶドラッグストアの棚にも、ジェネリック製品が所狭しと、しかも堂々と並んでいます。ですから、正しく販売されているジェネリック、正しく販売されているタダラフィルであれば、安心してご利用いただいて、大丈夫と言う事なのです。