ホーム  > シアリスジェネリック  > タダラフィル  > タダラフィルの個人輸入について

タダラフィルの海外個人輸入


img_243

インターネットが、一般の人に利用されるようになってどのくらいになるでしょうか。ネットを利用した海外からの個人輸入代行の通販が登場したのも、昨日の事に様に思えますが、まだ日も浅いのに、これらのサイトを利用した通販の日を追って発展する仕組みや、方法には、目を見張るものがあります。タダラフィルなどのED治療薬をはじめとする医薬品、サプリメントと言われる健康補助食品、ウェイトコントロールや脱毛予防の薬など、以前はカタログなどで販売されていたものを、海外や国内の通販で多くの方が利用するようになりました。

タダラフィルの新薬特許と価格

* コラム タダラフィルの通販と購入について

シアリスは、アメリカのイーライリリー社が開発し販売するED治療薬シアリスに含まれる有効成分です。服用ED治療薬としては、バイアグラのシルデナフィル、レビトラのバルデナフィルに続き3番目に販売が始まった医薬成分です。

ED治療薬は何種類かあって、どの薬がそれぞれどう違うのかよくわからないという方に、タダラフィルの効果は一言でいえばこんなものと、タダラフィルの効果を掻い摘んでわかりやすく説明した、タダラフィル20mgはシアリスの有効成分 というコラムがあります。参考にしてください。

タダラフィルは、イーライリリー社が新薬の特許を持っています。新薬の特許期間は、新しい薬を開発した会社に認められている、独占販売期間の様なもので、この期間内は、どこのどの会社からも同じ成分を使った製品の製造販売が認められていません。新薬は、ほとんどの場合価格が、何となく高めです。保険なしで買うと1万円を越える抗生物質などもあるように、タダラフィルのブランド品シアリスも、1錠で千円を裕に越える安くない薬となっています。

なぜ、タダラフィルの様な、小さな薬の価格がこんなに高いのでしょうか。それは、それだけの投資がされているから高いと言う答えになるわけです。新薬をひとつ開発するのに、数年から数十年の期間が費やされると言います。そこには、時間だけがかけられたのではなく、失敗を繰り返しながら何度も行なわれる研究にかかる費用、それに伴う人件費、実際に患者さんに使用して、その効果や安全性、副作用を調べる臨床試験は、1日2日で終わる簡単なものではありません。国の規定をパスする為の努力も払われます。

これらのかけられた費用が、新薬の発売と共に、利益としてその会社に還元されなければなりません。もし、その研究結果を使って同じものを他の会社が、同時に販売したとしましょう。新薬を開発した会社に戻ってくる利益が分散してしまう事になります。医薬品会社が新薬を開発するのは、大切な役割です。その為にかけられた費用は、きっちり取り戻され、次の研究に支障がないようにしなければなりません。また、新薬の薬の効果と安全性の確証を得るためにも、ひとつのカンパニーがある一定の期間、独占販売する事は大切です。新薬の特許には、いろいろな理由があるのであり、新薬が高い値段で販売されるのにも、この様な正当な利用があるわけです。タダラフィルが安い薬でない事が、ご理解いただけたと思います。

ただ、この新薬の特許に関しては、国境を越えるとその法が力を持たなくなると言う場合があります。例えば、アメリカで、新薬特許期間が切れる前に、アメリカにある他の会社が、同じ成分の含まれた製品を製造販売すると違法になりますが、インドなどの新薬特許の法が成立していない国で、同じ成分を使って製品を製造しても違法にならないとなるのです。つまり、新薬の特許に関しては、国ごとに、扱いが違ってくるのです。アメリカではブランド品シアリスしかないタダラフィルも、海外に出れば、後発医薬品であるジェネリックのシアリス、一般名タダラフィルで呼ばれる薬が、存在すると言う事になるのです。それらの薬は、ブランド品よりも、価格が何割も安くなっています。そして、それは、違法ではないわけです。

上記で説明した、これらの製品が、海外個人輸入などで販売されているタダラフィルとなるわけです。ジェネリックと聞くと、本物ではない、まがい物といった、捉えかたをする人が今でもいらっしゃいます。ジェネリック医薬品は、正式な薬として、保険料の節約などにもつながります。医療費の高いアメリカなどでは、医薬品が並ぶドラッグストアの棚にも、ジェネリック製品が所狭しと、しかも堂々と並んでいます。ですから、正しく販売されているジェネリック、正しく販売されているタダラフィルであれば、安心してご利用いただいて、大丈夫と言う事なのです。

タダラフィルの特徴

  • タダラフィル(シアリス)は性行為の前に1錠を服用しEDを治療する
  • タダラフィルは1錠で24時間以上効果が持続する
  • タダラフィルは食事の影響の少ない薬
  • タダラフィルは副作用が軽い
  • タダラフィルにはED予防効果も認められている
  • タダラフィル(シアリス)には前立腺肥大治療効果もある

海外個人輸入のタダラフィル


海外個人輸入で扱われるタダラフィルは、1種類ではありません。タダラフィルは、新薬の特許が認められない国で、またその国にあるジェネリック医薬品製造を手がける会社で製造されています。その会社は、1社ではないでしょう。サイトでタダラフィルと検索すれば、いろんな国から発信しているジェネリックのシアリスならぬ、タダラフィルがいろいろある事からわかるはずです。中には、個別に独自の名前を持つ製品もあります。

タダラフィルを海外の個人輸入サイトから購入する時には、いろいろな事が気にかかる事でしょう。まず、海外の誰が運営しているのかもわからないサイトのお店から、購入する事になります。島国である日本の場合は、海を超えて運ばれてくる事になります。「ちゃんと届くだろうか」とまず思うでしょう。そして「変な品物がとどかないだろうな。」とも思うでしょう。

お金を取られただけで品物が届かないのも困りますが、届いた品物が粗悪品で(正しく製造されたものではなくて)健康を害する事になりでもしたら、お金を取られただけでは済みません。この様な事がないように、海外個人輸入代行のお店選びは重要です。一度、信頼できるお店である事がわかりさえすれば、後は、いくらでも安心して注文することができます。まず、信頼できるお店を探すこと、そこから始めましょう。