ホーム  > シアリス  > シアリスの6つの人気

シアリスの人気について


服用の勃起不全治療薬としては、他の薬に遅れて3番目に発売されたシアリス。2003年にFDAに承認を受け、日本では2007年に販売が始まったシアリスですが、その後の売れ行き、評価はかなり高く、ED治療薬の代名詞的存在のバイアグラをしのいでED治療薬市場のリーダーに躍り出ないとも限らない状況になっています。


シアリスの人気6つの理由

baiagura-ed.png

  1. 1錠の効果持続時間が3大ED治療薬の中で最も長い
  2. シアリスは食事の影響を受けにくい
  3. 副作用が一番おだやか
  4. 週末のデートも1錠で対応可能
  5. 効果が自然でいつでもスタンバイOKの状態でいる事ができる
  6. シアリスにED予防効果がある

シアリスの人気


この資料は、2011年のアメリカのテレビニュースの記事ですが、2010年の世界での売り上げをバイアグラとシアリスで比べたものがあります

シアリスの2010年の売上は17億ドル

シアリスの2010年度の売り上げは約17億ドルとあります。日本円で言えば1400億円くらいでしょうか。同じく同年のバイアグラの売り上げは19億ドルとあります。2億ドルの違いは小さいとはいえませんが、これを前年比の売り上げ上昇率で見てみましょう。バイアグラの場合は、前年度2%増しで19億ドルとの事です。これに対してシアリスは、前年比9%増しなのだとの事。この調子で販売が伸びれば、近い将来バイアグラを越えて販売額1位のED治療薬にシアリスがなる可能性も十分うかがえます。

シアリスの前立腺肥大症治療薬認可で販売が加速?

2011年には、シアリスが男性の前立腺肥大症の治療薬として、FDAから医学的な効果が承認されたこともあり、シアリスの販売上昇率が加速する事も考えられます。イーライリリー社の社長John Lechleiter氏も、シアリスがバイアグラを追い越すのも時間の問題だろうとこのニュースの記事のインタビューに答えています。

シアリスは効果の持続時間がED薬の中で最も長い

シアリスは、ここで社長自身も語っている通り、勃起不全症を改善する効果時間が他の薬よりもだんぜん長い薬です。バイアグラが長くみて4〜5時間、レビトラが5〜6時間なら、シアリスは24時間以上の効能、最大で36時間ですからその効果時間の長さは他の薬の5倍から6倍。また、副作用がおだやかなところや、食事を気にしないで服用できる点もシアリスの人気のポイントなのでしょう。


シアリスが人気の理由


シアリスとは? 三大ED治療薬の中で一番効果持続時間が長いことが、シアリスの人気を上げているのは確かですが、それ以外にもシアリスが評価を受ける点がまだあります。

シアリスはタイミングを逃さない

シアリスは時間タイミングを逃さない。ED治療薬は、薬の効果のある時にだけ、治療効果があって、効果が切れたら、症状はもとに戻ります。ですから、薬の効き目のある間に事を済まさなければならないのが基本です。ところが、そのタイミング時間を合わせるのが、人によっては結構大変な場合があると言うのです。シアリスは、1錠を呑んでおけば、24時間以上という長い時間、いつでも可能な状態でいる事ができますから、薬が切れるのを気にしながら事をあわてて急ぐ必要はまずないですね。そういった意味でも、タイミングがあわないで失敗する可能性の少ない薬と言えるでしょう。

シアリスは穏やかに効果がある

たとえば、レビトラなどは、即効力がありよく効くと言いますが、例えば、それまで全くダメだった男性が、ある日突然見ちがえたようになってしまうのが、不自然と感じる方もいます。あまりの変わりように躊躇するのが、ご自身なのか、相手の方なのか、また、薬を服用しているのをきずかれたくない方も、シアリスを選ぶ場合がよくある様です。

ED予防としてのシアリス

遅かれ早かれ、いつかはEDになってしまうのがわかっているとは言え、少しでもその兆候を感じた時は、やはり慌てるものです。できるなら、少しでも長くいつまでも元気な自分でいたいのが男性なら、おそらく誰でも思うことでしょう。そこで、このシアリスの登場です。シアリスは、毎日服用する事でEDを予防する事がわかっています。最近は、前立腺肥大の予防や治療、症状の改善のためにも毎日服用する薬として、紹介されていますから、これからのシアリス人気に拍車がかかりそうです。

もし、これらのED治療薬に続く第4の薬が発明されるとしたら、今度はどんな特長がある薬になるのでしょうか。錠剤ではなくて、リキッドだったり、1日に何錠も呑んでOKとか、1錠呑むだけでEDを完全に治してしまう薬が発明されたら、これこそED治療薬の大革命ですが…。もし、シアリスに続く第4の薬が発売されたらの話ですけれど…。


関連リンク