ホーム  > シアリス  > 副作用のおだやかなシアリス

副作用のおだやかなシアリス



baiagura-ed.png

シアリスは、バイアグラ、レビトラ同様EDの症状に良く効く薬ですが、副作用は他の薬より弱く現れる様です。薬が早くはっきりと効いてくる他の薬が、どちらかと言えばおだやかに効くシアリスより副作用が強いのはうなずけますが、副作用、副作用と言っても必ずすべての人に出る症状ではないので、あまり神経質になる必要はないでしょう。しかし、シアリスを服用した一部の人に、症状がでるのは事実、副作用の心配は全くないと言い切ってしまっては、語弊をまねく事になります。では、シアリスの代表的な副作用をあげてみましょう。

icon_arrow 代表的な副作用

  • 消化不良(シアリスを消化する時に、胃に負担がかかる場合)
  • ほてり(多くはシアリスの血管拡張作用から)

消化不良について


消化不良は飲み薬であればほとんどの薬に現れる可能性のある副作用ですね。食事ではないもの、つまり薬ですが、シアリスの様な錠剤の形の薬を消化する時に、むかつきなどを感じる場合がありますね。これは、薬に限ったものでなく、栄養剤、サプリメントを口にした時にも起こります。その中に配合されているものと体質があわなかったり、その中に含まれる何かの成分の消化がうまく進まなくてむかつきを覚えることがあるのだそうです。シアリスを服用して胃のむかつきをもし感じたとしても、通常は、服用を始めた最初の頃に、感じていたものが、薬になれると感じられなくなったりするものです。少し、様子を見てみて、いつまでもひどいようでしたら、一度、医師に相談しましょう。


顔のほてりについて


ほてり、めまい、鼻づまりもシアリスの副作用で上げられていますが、この薬に血管を拡張させる効果があるため、治療したい部分の陰茎周辺の血管のみではなく、顔とか体の他の部分の血管も拡張するため、血行が良くなってほてりを覚えるのだとの事です。血行が良くなるのはよい事なのですが、中には、急に血行がよくなったため、それを不快感として感じる場合があるのだとの事です。血圧に問題があったり、心臓に問題があってシアリスの服用を医師から止められたのでないのであれば、様子を見ると良いでしょう。仮に、これらの症状が現れたとしても、シアリスの薬の効き目が切れる頃には、副作用の症状も知らない間に治まっているものです。特に、これらの症状を副作用として感じるのは、服用した最初の数時間程度であることが多いようです。


その他の副作用について


シアリスのその他の副作用としては以下の様なものが上げられています。

  • めまい
  • 鼻づまり
  • 偏頭痛
  • 筋肉痛など

シアリスを服用した方の中には、上記の症状の他に、偏頭痛、または頭痛をうったえる方もいるとの事ですが、ごく限られた一部の方に出る症状との事。悲しみや、喜びの感じ方が人によって千差万別であるのと同様に、体の感じ方も個人差があります。わずかの体調の変化を敏感に感じて、不快感として感じる人もいれば、少々の変調ならまったく気にならない人もいます。違う観点から見るなら、これらの副作用は、薬が効いてきた証拠でもありますから、体が薬に反応しているのだとやり過ごせる程度の副作用、苦痛でない程度のものであれば時間が過ぎると共に症状が消滅するのを待てばよいのです。

* シアリスの副作用が軽いのは何で?


気になる症状はそのままにしない


しかし、シアリスの効果よりも副作用がひどくて、やり過ごせないほどの、我慢できないくらいの副作用の症状が出たのであれば、それは何らかの危険信号と察知してシアリスの服用を一旦止めて、医師の診断を受けるのが良いでしょう。


シアリスは他の薬で副作用が気になった方にも


一般的にはシアリスは、副作用がおだやかな薬だとの評価です。副作用の出ない場合が、ほとんどです。仮に出たとしても、気にならない程度の症状で終わる事が多い薬です。もし、他の薬で副作用が強く出てしまってED治療が中断している方、シアリスを試してご覧になるのも良いと思います。

シアリスの詳細は商品案内のページからご覧になってください。ご注文も承っています。

→ 【シアリスの正しい服用方法について