ホーム  > シアリス  > シアリスの効果・効能  > 朝の時間に対応可能なシアリス

朝の時間に対応可能なシアリスについて


baiagura-ed.png

男性の中には、朝の時間の性行為を好まれる方がいらっしゃいますね。1日緊張しながら仕事をして、その疲れも残ったままの夜、食事をしてシャワーを浴びればもう眠気が…。仕事が残業の多い方は特にそうではないでしょうか。夜9時や10時に帰ってきて、遅い夕食をとり、また簡単に夜食で済ませ、いくら明日は週末で会社に行かなくてもよいとなっても、精神的にも肉体的にも疲労感の方が勝ってしまい、早く休みたいとなるでしょう。

前の夜に呑んだ1錠の効果で翌朝もOKのシアリス

シアリスなら、この朝の時間に対応ができるわけです。つまり、こうですね。前日の夜シアリスを1錠服用しておく。夜の時間にドライブに出かけ、帰りに二人で映画などを見る。家に帰ってきてその日はそのまま休む。翌朝、目覚めとともに横に休んでいるパートナーに対する自分の気持ちが高まり、朝の行為となる。この場合、前日の夜呑んだシアリスの成分ED薬タダラフィルの効果がしっかり残っていますから、パートナーをゆっくり起こして、会話をすすめながら相手の気持ちをほぐしつつ求めてゆく事ができるのです。

ED治療、朝の気持ちの高ぶりにどう対応したらよいか…

十分な睡眠をとってゆっくり目覚めた朝に性欲を感じる方は多いと聞きます。そうなった時に、朝の目覚めのまだ起き切れていない頭の中で、「薬を呑まなければ」と考えるのも大変です。バイアグラやレビトラは、薬の効果持続時間が4時間から5時間です。夜寝る前に例えば1錠呑んで寝るとしましょう。朝起きた時には薬の効果は消えているのです。仮に薬の効果がまだ残っている時間内に目覚めたとしても、薬の効果がもっとも大きい呑んで1〜2時間後の時にぐっすり眠り込んでいる事になります。これでは、もったいないですね。

朝の起き抜けに1錠では遅い…朝は短時間勝負

では、朝起きて目覚めとともに1錠を服用したらどうでしょうか。ぼっとした頭で薬を呑んで効果が出てくるのをじっとベットの中で待つ、シアリスの効果が出てくる服用後1時間頃になると目覚めた時の性欲が無くなってるとか、パートナーはもうすっかり起き上がってしまって、朝の性行為なんてとんでもないということになってしまいます。タイミングを逃す事になるわけです。朝の時間は短時間勝負なのです。

シアリスでいつでもスタンバイOK

朝の時間にも夜の時間にも、もちろん昼の時間にも、1錠呑めば24時間いつでも対応が可能、効果の強さはうすれつつも36時間まで勃起をサポートするシアリスは、大変便利な薬です。忙しく働いた1週間、ぐっすり休んだ土曜日の朝は、遅くまでベットでゆっくり、そんな二人の大切な朝の時間もシアリスがしっかりサポートしてくれるでしょう。


関連リンク