ホーム  > ジェネリックとは  > 海外におけるジェネリックの普及


ジェネリックだらけの海外のドラッグストア


ジェネリックだらけの海外のドラッグストア

日本のみならず、欧米諸国においても高齢化社会の波は押し寄せてきています。子供の出生率が年々減少し、国民一人一人の医療費負担が問題になっているのは、何も日本だけではないのです。アメリカの場合は、それに加えて国民健康保険制度がないという先進国らしからぬ現実もあります。医療費の削減は、国を挙げての大きな問題となっています。新薬に比べて価格が抑えられているジェネリックを使用することは、ただでさえ高い医療費負担の軽減に役立つ事になります。アメリカの医療機関や、保険会社がジェネリックの使用に積極的であるのはこのような理由もあるのです。

例えば、アメリカのドラッグストアの棚に並んでいる薬やサプリメント、ほんとにたくさんの種類の物が販売されています。解熱剤ひとつを取ってみても、似たような薬の名前がいくつもあります。本元の製薬会社製の解熱剤の隣に、ストアブランドの同じ名前の解熱剤が本元の薬の半分の価格で売られているといった状態です。アメリカでは、新薬の特許が切れるのを待っていたかのように、ジェネリック医薬品が出てきます。新薬の特許終了後は、それまでの新薬が独占していた市場の多くをジェネリックが取って代わっているのがアメリカの現状であると言われています。それは、何故でしょうか。同じ効果を低価格で購入する事が出来るからです。

アメリカのドラッグストアを訪ねた事があるでしょうか。サプリメントや美容や健康用品などが、棚にぎっしり並び、キャンディーやギフトカードなどが販売されているお店の事です。日本の薬屋さんと似ていますが、日本の薬屋さんは、薬は売っていてもレジの横にチョコレートやキャンディーは売っていないでしょう。アメリカのドラッグストアーは、日本の駄菓子屋とは行かないですが、日本の薬局よりははるかに親近感のあるお店、町の薬屋さん兼何でも屋さんみたいなポジションで、市民からも親しまれているお店となっています。

海外におけるジェネリックの普及

日本の薬屋さんは、敷居がちょっと高い感がありますが、アメリカのドラッグストアは市民の生活に溶け込んでいます。それくらい利用度が高いことを意味しています。そのドラッグストアは、またジェネリック医薬品の豊庫でもあるわけです。

ジェネリックの医薬品と正規の医薬品が仲良く並んで販売。数年前まで、処方箋でしか購入する事ができなかった有名なアレルギーの薬で、今は処方箋なしで買えるようになっている物があります。お店に行ってその薬の棚を探すと、そこには、何種類もの同じ様な名前のアレルギーの薬が売られています。もちろん、ドラッグストアのストアブランドの物もあります。これらが、ジェネリックなわけです。熱さましにしても、鎮痛薬にしても同様です。

同じ名前のいろんな会社の薬が所狭しと並んでいて、価格が微妙に違っているわけです。価格が高めのものが正規品だったもの、低めの物がジェネリックである事が多い様です。このように、欧米・アメリカのドラッグストアは、どこに行ってもジェネリックの医薬品と正規の医薬品が仲良く並んで販売されている事が多いのです。