ホーム  > ジェネリック  > ジェネリックだらけのアメリカのドラッグストア

ジェネリックだらけのアメリカのドラッグストア


baiagura-ed.png

アメリカのドラッグストアを訪ねた事があるでしょうか。サプリメントや美容や健康用品などが、棚にぎっしり並び、キャンディーやギフトカードなどが販売されているお店の事です。日本の薬屋さんと似ていますが、日本の薬屋さんは、薬は売っていてもレジの横にチョコレートやキャンディーは売っていないでしょう。アメリカのドラッグストアーは、日本の駄菓子屋とは行かないですが、日本の薬局よりははるかに親近感のあるお店、町の薬屋さん兼何でも屋さんみたいなポジションで、市民からも親しまれているお店となっています。

日本の薬屋さんは、敷居がちょっと高い感がありますが、アメリカのドラッグストアは市民の生活に溶け込んでいます。それくらい利用度が高いことを意味しています。そのドラッグストアは、またジェネリック医薬品の豊庫でもあるわけです。

* 安心ですかジェネリックは?


ジェネリックの医薬品と正規の医薬品が仲良く並んで販売


数年前まで、処方箋でしか購入する事ができなかった有名なアレルギーの薬で、今は処方箋なしで買えるようになっている物があります。お店に行ってその薬の棚を探すと、そこには、何種類もの同じ様な名前のアレルギーの薬が売られています。もちろん、ドラッグストアのストアブランドの物もあります。これらが、ジェネリックなわけです。熱さましにしても、鎮痛薬にしても同様です。

同じ名前のいろんな会社の薬が所狭しと並んでいて、価格が微妙に違っているわけです。価格が高めのものが正規品だったもの、低めの物がジェネリックである事が多い様です。このように、アメリカのドラッグストアは、どこに行ってもジェネリックの医薬品と正規の医薬品が仲良く並んで販売されている事が多いのです。


医療費を節約できる手段のひとつがジェネリック


アメリカは、やっとオバマケアが始まって、国民が何らかの健康保険に加入する仕組みが出来上がりつつありますが、それまでは、無保険者が相当な数でした。国民健康保険がなかったアメリカでは、ある程度の規模の会社で働くのでない限り、会社からの健康保険もなかったり、個人で事業をする人は、個人で高い掛け金をかけて保険に加入しない限り無保険者でした。

体が悪くなったら、高い医療費を実費で払い医師にかかったりしたわけです。そんな国ですから、日頃からできる限り、病院の世話にはならないように気をつけます。ビタミン剤やサプリメントが広く利用されているのは、この様な理由もあるのでしょう。それらの製品を販売するのがまたドラッグストアなわけなのです。

医療費の高いこの国は、薬代ひとつとっても馬鹿になりません。そんなアメリカの国民が、医療費を節約できる手段のひとつがジェネリックの医薬品を使うことです。日本では、普及するのに時間がかかるジェネリックは、ここアメリカでは、新薬の特許が切れて、ジェネリック解禁と同時に、低価格で販売されるジェネリックが、市場のシェアを大きく変えて行くといいます。それまでの正規品を上回ってジェネリックが販売されると言います。アメリカにおけるジェネリック医薬品はその品質や効果に対する信頼にも、市民権をしっかり確保しているといった状況であるわけです。

海外からの通販で販売されるジェネリックの医薬品は、日本ではまだ販売されていない品物もいろいろあります。色々なジェネリック製品を、色々な価格で手にする事ができるのが、海外からの通販を利用する特典でもあります。1錠当たりの価格が高く、処方箋でしか購入できないED治療薬のジェネリックも、海外からの個人輸入代行で入手する事ができます。アメリカでも、これらのED治療薬はまだ、ジェネリックとしてドラッグストアでの販売はまだですが、ジェネリックの製造に長けた国で作られた製品がオンラインを通して流通しているわけです。それらの製品を日本からでも利用できる様になっているわけなのです。