ホーム  > ジェネリック  > ジェネリックは安心ですか?

ジェネリックは安心ですか?


日本でのジェネリック医薬品の使用頻度(処方箋薬の2割がジェネリック)は、欧米と比べた時(処方箋薬の7割近くがジェネリック)、その普及率にずいぶん差があることがわかっています。その理由はどこにあるのでしょうか。

れびとらジェネリック、シアリスジェネリック、ジェネリックバイアグラ、いずれも正規の医薬品です。

レビトラジェネリックの購入

* レビトラジェネリックの同じ効果/正規のED薬を低価格で通販

ジェネリックをもっと理解しよう


ジェネリックという言葉の英語表記はGeneric、この単語は「一般的な」とか「普及した]という意味を持っています。ですから普通日本で言うジェネリック医薬品とは「一般的な医薬品」という事になります。

* ジェネリックバイアグラを正しく理解す(コラム)
* バイアグラジェネリックを知っていますか?(コラム)

ジェネリック医薬品は呑みやすさに工夫も…

ジェネリックが発売される時は、新薬が十年とか二十年とかのその特許期間中に販売された結果をみて、錠剤ならその大きさや形をもっと呑みやすくするとか、薬の味をもっと変えるとかしながら、消費者の声を生かした工夫が施されていたりします。有効成分は同じですから、効果や効能は同じで、新薬よりももっと呑みやすい薬になっていることもあるわけです。

アメリカにおけるジェネリックの普及

日本のみならず、欧米諸国においても高齢化社会の波は押し寄せてきています。子供の出生率が年々減少し、国民一人一人の医療費負担が問題になっているのは、何も日本だけではないのです。アメリカの場合は、それに加えて国民健康保険制度がないという先進国らしからぬ現実もあります。医療費の削減は、国を挙げての大きな問題となっています。新薬に比べて価格が抑えられているジェネリックを使用することは、ただでさえ高い医療費負担の軽減に役立つ事になります。アメリカの医療機関や、保険会社がジェネリックの使用に積極的であるのはこのような理由もあるのです。

ジェネリックの特長

  • 新薬とジェネリックの効果は同じ
  • ジェネリックは新薬よりも低価格
  • ジェネリックは新薬に新たな工夫がされて呑みやすくなっている
  • 医療費の節約に役立つ

ジェネリックよりも本物を好む日本の国民性


日本人に限らず、誰でも良いものを求め、高品質を好むのは共通しているはずです。誰も、価格が安からという理由ひとつで、わざわざ粗悪な品を好んで使ったりしませんね。薬であるなら効き目の確かなものを求めるのは当然の事です。そして、その傾向が特に日本人の場合は強いようなのです。医薬品のジェネリックが日本国内での販売が伸び悩んでいるのには、後発品であるジェネリックの効果や品質に疑問を持っている部分もあるからだと思えるのです。

物の価値のわかる国

日本人は「ものつくり」と言う言葉に代表されるように、伝統を重んじ、昔ながらの製法や技術を重要視する国民です。簡単に作られるものよりも、時間をかけて丁寧に作られたもの、より良い材料でつくられたものを見分ける目を持ち、また、そのような物を好む傾向が強い国民性を持ちます。例えば、学業より職を優先して早くから師匠の下で修行を積んで一人前になった職人といわれる人を有名大学卒の博士と呼ばれる人と同じくらい尊敬する国です。そのような人達をリスペクトし、その人達の作品を軽く扱いません。新薬を真似て作ったジェネリックを、後発品というだけで、受け入れにくい体質がそのような国民性の中に潜んでいるのかも知れません。

ジェネリックは合法

「ジェネリックは偽造品でしょ。」と言っていた人がいて驚きました。ジェネリックは、ブランド品でないというだけで偽造品ではないのですが、本物はひとつだけ、それ以外はすべて偽りという認識があるのでしょうか、それとも、ジェネリックは偽造品だと書かれたどこかの個人の勝手な(正しくない)書き込みを見てのことでしょうか。ジェネリック医薬品は、新薬の実績を元に同じ有効成分を使って、同じ効き目を持つ薬として作られたれっきとした合法の医薬品です。

ジェネリックは安心して使用していただける医薬品

アメリカを含む欧米諸国の正規の医薬品販売ルートで正しく売られているジェネリックは、高品質のものが多いと言うのが一般的な認識です。高い医療技術を持つ国の医療現場で使用されるジェネリック医薬品が、高品質であるのは当然だと言えます。また、品質、効果が同じでありながら、低価格での購入が出来るのがジェネリックです。アメリカなどの医療先進国で販売されているジェネリックなら安心して使用していただける医薬品です。このようにジェネリックは合法で作られた、効果の確かな安心していただける医薬品です。


関連リンク