ホーム  > ジェネリックとは

ジェネリック医薬品の新薬との特許、価格、特長、有効性などについて案内します。

目次


ジェネリックとは何でしょうか?


ジェネリックと後発薬の違い

医薬品(海外医薬品)を購入する時に、インターネットのサイトを探すとジェネリック薬という言葉を目にします。ジェネリック(後発医薬品)とは、どの様な薬の事をさすのでしょうか。

ジェネリックは、正規の医薬品です。後発医薬品とも呼ばれます。先に発売された先発薬と同じ効果を持つ薬ですが、価格面では、先発医薬品と比較すると、かなりお得になっています。

特長

  • 新薬とジェネリックの効果は同じ
  • 新薬よりも低価格
  • ジェネリックは新薬に新たな工夫がされて呑みやすくなっている
  • 医療費の節約に役立つ
  • 新薬の特許終了後に販売れる後発医薬品
  • 新薬と同じ有効成分を含む
  • ジェネリックは正規の医薬品


特許


ジェネリックとは何でしょうか?

新薬には、製造方法や有効成分などを他社が真似て同様の薬を販売できないように、特許期間が通常与えられます。一生懸命努力を重ねてやっとの思いで販売に漕ぎ着けた薬を、他の会社がすぐに真似て作ってしまったのでは、その会社が得るべき利益が減ります。開発に費やした費用を取り戻す事が難しい事になるわけです。また、医薬品である以上、人体に与える影響が一番気になります。新しい薬の効果や副作用は、ある程度の期間、ひとつの薬を通して安全面などを確認できる事が理想的です。このような理由もあって、新薬特許期間のある間は、製造元が独占してその薬を販売します。価格も開発にかかった期間や費用に比例して決定していきます。

ジェネリック医薬品(海外医薬品)の製造また販売は、先発薬の特許期間が終了した後であれば、先発薬の製造元でない他の会社が、同じ成分、同じ製法で同じ用途、効能の薬を製造、販売する事ができます。 また、これとは別に、世界特許協定に加入していない国家では、例えばインド、先発薬と同じ成分を使い、違った製法で、特許の有無に関係なく後発薬を生産販売することができます。

ブランド医薬品(新薬・海外医薬品)の特許期間が終了した後であれば、他の会社が同様の薬を製造する事が合法になります。新薬を先発医薬品と呼び、新薬の特許期間が終了した後に他社によって販売される同様の医薬品を後発医薬品と呼びますが、この後発薬の別の呼び方がジェネリック医薬品です。


有効性


ジェネリックは、新薬(先発ブランド医薬品)である先発医薬品と同じ効果のある薬です。言い換えるなら、新薬を同じ様に真似て作った薬です。呑み方や、注意事項、効果や副作用の面においても、先発薬と同じであると理解していただくとよいです。


低価の理由


先発品よりも研究や開発にかかる期間も費用もぐんと少ない分、価格も抑えられているので、先発医薬品よりも何割も安くなっているのがジェネリックです。

それで、ED治療薬や脱毛症の治療薬の価格は比較的低価格です。その理由には、次のような事があげられます。先発薬は最初の開発過程において数年間に及ぶ研究、臨床試験、検査などの多くの時間と資金を投入する事になる為、価格が高価になるしかありません。 ですが、後発品にはこのような過程が省略されているので、製品の価格を先発品よりも低価格に設定できるわけです。同じ薬の効果を、低価格で、安心して問題なく利用できるのであれば、また、信頼できるジェネリックであるなら、わざわざ、高価な薬を選ぶ理由はないと言った事なのでしょう。

アメリカをはじめとする先進国においては、ジェネリック薬の製造歴史、またその使用の歴史が長いので、ジェネリック製品に対する信頼が確立していると言えます。病院や一般家庭でも、ジェネリック製品が違和感なく普通に使われています。日本と比較するとジェネリックを利用する割合が高く、日本のそれと比べた場合、相当な差があるのが現状です。この様に、アメリカでは、ブランド品と後発医薬品が市場で共に認められ共存しているのです。

ジェネリックは、正規の医薬品です。また、当店でご紹介しているジェネリック医薬品は、アメリカの医薬製造基準を満たした製薬会社で製造されたものを輸入した、海外・ アメリカ国内で一般に多く利用されている製品です。